やさしい人に、そうでない人にも 
                         
                        あなたの心に、こころの言葉








【お勧めカテゴリー】

◆こころ王国「まりなさんと王様」  ジャズシンガーを目指すまりなさんが出会ったのは、自称ココロニア王国の国王でした。次第に解けてゆくココロニアの謎と共に、本当の優しさとあたたかさとは何かに気づいてゆくまりなさん。こころ王国物語の第1作です。

◆こころ王国2「王様と皇帝」  200X年5月。ココロニア王国を訪れたナポレオンそっくりの男は、自らを皇帝と名乗りました。皇帝とは何者?皇帝の真の狙いは何か?まだまだ知られていない王国の謎と、現代文明社会との闇とも言うべき組織との死闘。はらはらどきどきのこころ王国物語の第2話です。

◆ケンとチビと、そしてシロ  老いぼれ犬ケンに残された時間が少ないことを偶然知ってしまった生意気な飼い猫チビと、そこにふらりと現れた飄々とした野良猫シロ。犬と猫と猫の不思議な半年間が始まりました。大人に読んで欲しい憧話です。

◆ツノナシオニ  授業参観日に現れた転校生桃山太郎くんのお父さんは、なんと2メートルを超す長身に赤ら顔。そのお父さんの帽子が突風で飛ばされることによって巻き起こった大騒動。でも、それは、私たちにいろいろな問題を考え直させるきっかけでした。

◆澤田節子作品集  平成21年6月8日に黒色腫で亡くなった僕の母が書き残してくれた小説、エッセイをご紹介させてください。ドラマチックな物語ではありません。どこにでもある日常のほんのふとした心の動きを、僕には書けない女性らしい目線で描いた作品たちです。

◆こどもたちの詩  まさに僕のこころの原点。童話を書こうと思った切欠が、こどもたちとの詩との出会いでした。痛いほどに眩しい感性。こどもは未完成の大人ではないと僕は思っています。

◆熱田丸蔵の歌  アコギ1本で弾き語りしてみようと思って鋭意努力中です。オリジナルを中心に歌っていきたいなと思っています。

◆YOU TUE ばあちゃんの子育て応援チャンネル  子育て中の方、これから子育てをする方に見ていただけたら嬉しいです。新米ママとパパにほんの少しでもお役にたてればと思い50うん歳にしてYou Tubeを始めてみました。毎月1日、15日に加えて時々増刊号も発信できたらと思っています。

2019年03月21日

ケンとチビと、そしてシロ 第11回 23 〜 24

見つめる猫.jpgあれから、また時が経って、いつしか季節は春から初夏になっとった。クロのお腹はもうパンパンに大きくなっていてのぉ、もう出産が近いだろうことは、何の知識も無いわしにも想像出来た。それなのにわしは、クロにまだ返事が出来ないままで、悶々としながら締め付けられる思いで毎日祠を背にしておった。夜だってそうじゃ。決意をしては、それを打ち消し、打ち消しては、クロの顔を思い浮かべて。(本文より)
ケンとチビと、そしてシロへの入口はこちらです。
posted by maruzoh at 07:15| Comment(0) | ◆ケンとチビと、そしてシロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月17日

ケンとチビと、そしてシロ 第10回 21 〜 22

見つめる猫.jpg元々クロが住んでいた街中ってのは、屋根があるところは多いらしいんじゃが、自動車やら、保健所やら、いろんな危険が溢れ返っているようなところだったそうでのぉ、クロは子どもを産むために、雨露をしのぐことができて、それでいて安全な場所を探していたんだそうじゃ。ところが、夢中になって探しているうちに、いつしか街中からどんどん離れてしい、迷いに迷った揚句、こんな山の中まで流れ着いてしまったと、そう言っておったなぁ。(本文より)
ケンとチビと、そしてシロへの入口はこちらです。
posted by maruzoh at 19:11| Comment(0) | ◆ケンとチビと、そしてシロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月13日

ケンとチビと、そしてシロ 第9回 19 〜 20

見つめる猫.jpg初冬にしては暖かなお昼前の日差しの中。これまで毎日、腐るほど会ってきたはずなのに、俺さまはまるで初対面みたいな妙な緊張感でじじいと向き合っていた。じじいは、明らかに話しにくそうだった。「おいおい、チビにそうかしこまれちまったら、わしもちょっと恥ずかしくなってしまうわい」じじいの奴ったら、自分で切り出しといて、なに照れてやがんだよ。年寄りがもじもじしたってちっとも可愛くないってんだよ。(本文より)
ケンとチビと、そしてシロへの入口はこちらです。
posted by maruzoh at 23:46| Comment(0) | ◆ケンとチビと、そしてシロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月10日

ケンとチビと、そしてシロ 第8回 17 〜 18

見つめる猫.jpgじじいが歩いている。得意げに ふんぞり返って歩いている。ゆっくりだけどトーサン、カーサンを引き連れて、どんなもんだって顔して歩いてやがる。でも、その態度とは裏腹に、足取りはあっちへフラフラ、こっちへフラフラと、どうにもおぼつきやしない。夕暮れも迫って来てちょっと寒くなってきたし、やっぱり狭い庭とは勝手が違うんだろうな。(本文より)
ケンとチビと、そしてシロへの入口はこちらです。
posted by maruzoh at 10:48| Comment(0) | ◆ケンとチビと、そしてシロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月07日

ケンとチビと、そしてシロ 第7回 15 〜 16

見つめる猫.jpg カサリッ カサリッ 土手沿いの小道いっぱいに積もった桜の葉を踏む度、乾いて寂しげな音が静まり返った河原に響く。桜の木は、紅く染め上げた葉のもうそのほとんどを脱ぎ捨てて、時折吹く北風に枝を震わせている。川は、静かに、とても静かに流れていた。「もうすぐ、冬なんだなあ」口を衝いて出てしまった俺さまの独り言は、寒そうに立っている桜の木には、どんな風に聞こえたろう。(本文より)
ケンとチビと、そしてシロへの入口はこちらです。
posted by maruzoh at 00:23| Comment(0) | ◆ケンとチビと、そしてシロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月03日

ケンとチビと、そしてシロ 第6回 13 〜 14

見つめる猫.jpg土手沿いに連なる真っ赤な桜並木に負けじと、赤く染まったいわし雲の夕焼け空から、西風がざわざわっと吹いてきた。すると、めいめいの木々はその赤さを競うようにして、次々と赤く色づいた葉を川面(かわも)に降らせる。葉は、くるくるんと回ってから、やがて音もなく流れに乗る。夕焼けに染まった川の赤い中、そのまた赤い小舟は、揺られてどこまで行くのだろう。小舟は、1艘、また1艘と、旅立って行く。(本文より)
ケンとチビと、そしてシロへの入口はこちらです。
posted by maruzoh at 15:15| Comment(0) | ◆ケンとチビと、そしてシロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

   【maruzoh's profile】
   maruzoh live.jpg

名 前/maruzoh こと 熱田丸蔵
出没地/和光、富士宮、麹町 誕生日/9月7日 乙女座
好きなもの/こども、詩、絵、童話、小説、音楽、お酒、美味しいもの、犬、野球、寺、神社、花、ギター、家族
とても影響を受けた人/灰谷健次郎さん、鹿島和夫さん、ドン・カ・ジョンさん、かしわ哲さん、PANTAさん、ジョン・ライドンさん、小澤征爾さん、帚木蓬生さん
maruzohより一言/運も、人も、夢だって、欲しがり過ぎると逃げてっちゃう。幸せは、み〜んな天下のマワリモノ。みんなで仲良く分け合おう♪