やさしい人に、そうでない人にも 
                         
                        あなたの心に、こころの言葉








【お勧めカテゴリー】

◆こころ王国「まりなさんと王様」  ジャズシンガーを目指すまりなさんが出会ったのは、自称ココロニア王国の国王でした。次第に解けてゆくココロニアの謎と共に、本当の優しさとあたたかさとは何かに気づいてゆくまりなさん。こころ王国シリーズの第1作です。

◆澤田節子作品集  平成21年6月8日に黒色腫で亡くなった僕の母が書き残してくれた小説、エッセイをご紹介させてください。ドラマチックな物語ではありません。どこにでもある日常のほんのふとした心の動きを、僕には書けない女性らしい目線で描いた作品たちです。

◆こどもたちの詩  まさに僕のこころの原点。童話を書こうと思った切欠が、こどもたちとの詩との出会いでした。痛いほどに眩しい感性。こどもは未完成の大人ではないと僕は思っています。

◆熱田丸蔵の歌  アコギ1本で弾き語りしてみようと思って鋭意努力中です。オリジナルを中心に歌っていきたいなと思っています。

◆YOU TUE ばあちゃんの子育て応援チャンネル  子育て中の方、これから子育てをする方に見ていただけたら嬉しいです。新米ママとパパにほんの少しでもお役にたてればと思い50うん歳にしてYou Tubeを始めてみました。毎月1日、15日に加えて時々増刊号も発信できたらと思っています。


2014年09月10日

「丈六堂」 母のエッセイ集 曲げわっぱより vol.118

母のエッセイ.jpg誕生日おめでとう!今日は父さんの82回目の誕生日です。で、誕生プレゼントって訳じゃないんですが、久しぶりの「母のエッセイ」の更新です。昨日、たまたまUSBメモリーをチェックしていた際、何となく印象の無いタイトルだなあと思い、フォルダーを開いて掲載作品と照らしてみたところ、BINGO!本ブログでは初登場、これまで掲載漏れの作品でした。今日明日は遅い夏休みをとったので、富士宮に帰省して誕生祝いの酒盛りです。この2日間は好きなだけ飲み食いしても、きっと痛風の神様は怒らないでしょう。
maruzohの大好きだった母のエッセイはこちらです。
posted by maruzoh at 06:15| Comment(2) | TrackBack(0) | ◆母のエッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月04日

「タツ子さん」 母のエッセイより

母のエッセイ.jpg タツ子さんは読書家でもあり、ゆくゆくは読書会みたいなこともしたいと話したこともある。そしていつも辞書を持ち歩いていたのも感心したことの一つであった。タツ年生れのタツ子さんは「親が手抜きしたのよ」と笑い話にしたが、名のごとく筆のたつ、また筆まめの人だった。「この頃あなたの出席が多くて嬉しい――」などと、ラブレターをもらったこともある。根本的には努力家で、物も時間も無駄にしなかった。(本文より)
maruzohの大好きだった母のエッセイはこちらです。
posted by maruzoh at 05:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆母のエッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月26日

「百歳のことば」 母のエッセイより

母のエッセイ.jpg四人の女性陣を前にして「惚れるには、ちょい惚れ、気惚れ、底惚れの三種類がある。一緒になる人は気惚れでなくちゃならん」などと訓示を垂れる。「底惚れじゃ駄目ですか」という質問に 「底惚れは活気が出ん。物が見えんようになる。その点、気惚れはお互い元気が出て、にぎやかになる。ちょい惚れはすぐ駄目だ!」と四人を眺め回し、自分も一緒に笑っていた。(本文より)
maruzohの大好きだった母のエッセイはこちらです。
posted by maruzoh at 06:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆母のエッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月14日

「同窓生」 母のエッセイより

母のエッセイ.jpg 帰り道、透明感のある高い声で、合唱隊の前列中央で直立して独唱したYちゃんを思い出した。それはまだ戦争中だったから二年生か三年生の初めの頃だった。Yちゃんのお父さんが戦死した。その朝、一時間目は授業をやめて、クラス中でYちゃんの家の前の道路に四列に整列した。先生と、N君と私が代表して家の中に入り玄関脇の四畳半に祀った文机の上の写真に線香を上げた。(本文より)
maruzohの大好きだった母のエッセイはこちらです。
posted by maruzoh at 17:50| Comment(2) | TrackBack(0) | ◆母のエッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月08日

「春は名のみの」 母の書いた短編小説

母のエッセイ.jpg母が亡くなって今日でちょうど5年。墓参りの為に昨日から実家の富士宮に帰省しています。昨日はあいにくの天気でしたので、父の日のプレゼントにと贈ったPCにこれまでのデータを移していたのですが、母のエッセイのフォルダーに見慣れないタイトルを見つけました。父も知らないというので開いてみると、なんと、未発表の母の短編やエッセイが4作ほどひっそりと隠れているではありませんか。今日のこの日に合わせて新作が見つかるとは。何か不思議な力を感じてしまいます。
maruzohの大好きだった母の短編小説はこちらです。
posted by maruzoh at 09:59| Comment(4) | TrackBack(0) | ◆母のエッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月21日

「会 話」 母のエッセイ集 曲げわっぱより vol.117

母のエッセイ.jpg開始から2年近くを迎えた「母のエッセイ」ですが、短編小説を加えると既に130話を超え、もうそろそろネタ切れです。もともと無計画に自分にとって印象深かった作品から順に掲載していたものですから、結果どれを載せたのか分からなくなってしまい、未掲載作品を探し出すのに毎回苦労しております。来月の8日で母が亡くなって3年。昨日のことのような、遠い昔のことのような、そんな不思議な気がしています。
maruzohの大好きだった母のエッセイはこちらです。
posted by maruzoh at 08:55| Comment(6) | TrackBack(0) | ◆母のエッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月19日

「他人ごとではない!」 母のエッセイ集 続曲げわっぱより vol.116

母のエッセイ.jpgOさんのお母さんは三十代半ばで夫に先立たれ百姓をやりながら農閑期には土方までして四人の子どもを育てた。お母さんは気丈にならなければ生き抜いてこられなかったという。弟の嫁はただ自分を抑えることによっていままで表面だけでも平穏を保ってきた。お母さんは自分にも厳しいが他人にも厳しい。嫁姑の冷たい戦争を見て育った三人の娘は、三人とも早々に嫁いでしまった。(本文より)
maruzohの大好きだった母のエッセイはこちらです。
posted by maruzoh at 08:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆母のエッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月16日

「私の日中友好」 母のエッセイ集 曲げわっぱより vol.115

母のエッセイ.jpg知っている中国語の単語を並べて、日本語でつないで、英語で補ってそれでも足りなくて手振り身振りまで総動員。夕方の街の中に手を取り合わんばかりにくっついて歩いていく二人の後ろ姿は、離れては大変とすがりついている様にさえ見えた。見送る私といえば、冬だというのに汗びっしょり。相当あがってしまったような気がした。家に帰ってから、あの人たち欲しいものがちゃんと買えたか気になった。そして夕方とはいえ少し時間をやりくりして一緒についていってあげればよかったと後悔した。(本文より)
maruzohの大好きだった母のエッセイはこちらです。
posted by maruzoh at 08:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆母のエッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月15日

「当番」 母のエッセイ集 続曲げわっぱより vol.114

母のエッセイ.jpg段ボールを抱えた男の人が二人、肩でドアを開けながら入ってきた。材料が届いたのだ。当番はやはり早く来て良かった。ひとりは中国語の生徒で四十歳の気功の先生をしているというEさん。先月も中国へ行ってきたという行動派。もうひとりはEさんの気功の生徒でスーパーをやっている人だそうだ。開店前に届けてくれた。女性軍もだんだん集まって子連れも三人ほど。独身に見えた髪の長い人は可愛い女の子を二人も連れてきた。(本文より)
maruzohの大好きだった母のエッセイはこちらです。
posted by maruzoh at 07:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆母のエッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月09日

「シルバーヨガ」 母のエッセイ集 曲げわっぱより vol.113

母のエッセイ.jpgヨガは、一時半から二時半まで一時間びっしりやる。激しい動きの後に、やすらぎのポーズというのがある。肩幅に足を開いて、上を向いて寝る。二、三回大きく腹式呼吸をして、全身の力を抜いてリラックスし、楽しいことを連想する。五分くらいして「やめてください。次は──」先生の声が掛かっても、動かない人がいる。私も一度、クッと眠ってしまい、大慌てしたことがあるので、人のことはいえない。(本文より)
maruzohの大好きだった母のエッセイはこちらです。
posted by maruzoh at 06:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆母のエッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

   【maruzoh's profile】
   maruzoh live.jpg

名 前/maruzoh こと 熱田丸蔵
出没地/和光、富士宮、麹町 誕生日/9月7日 乙女座
好きなもの/こども、詩、絵、童話、小説、音楽、お酒、美味しいもの、犬、野球、寺、神社、花、ギター、家族
とても影響を受けた人/灰谷健次郎さん、鹿島和夫さん、ドン・カ・ジョンさん、かしわ哲さん、PANTAさん、ジョン・ライドンさん、小澤征爾さん、帚木蓬生さん
maruzohより一言/運も、人も、夢だって、欲しがり過ぎると逃げてっちゃう。幸せは、み〜んな天下のマワリモノ。みんなで仲良く分け合おう♪



title.gif
maruzohは、アートビリティ作家さんを、応援します!

●ご連絡先● 〒165−0023 東京都中野区江原町2−6−7
社会福祉法人東京コロニー アートビリティ事務局内
TEL 03−5988−7155/FAX 03−3953−9461
●営業時間● 平日 9:00〜17:20 / 土・日・祝日 休業日