やさしい人に、そうでない人にも 
                         
                        あなたの心に、こころの言葉








【お勧めカテゴリー】

◆こころ王国「まりなさんと王様」  ジャズシンガーを目指すまりなさんが出会ったのは、自称ココロニア王国の国王でした。次第に解けてゆくココロニアの謎と共に、本当の優しさとあたたかさとは何かに気づいてゆくまりなさん。こころ王国物語の第1作です。

◆こころ王国2「王様と皇帝」  200X年5月。ココロニア王国を訪れたナポレオンそっくりの男は、自らを皇帝と名乗りました。皇帝とは何者?皇帝の真の狙いは何か?まだまだ知られていない王国の謎と、現代文明社会との闇とも言うべき組織との死闘。はらはらどきどきのこころ王国物語の第2話です。

◆ケンとチビと、そしてシロ  老いぼれ犬ケンに残された時間が少ないことを偶然知ってしまった生意気な飼い猫チビと、そこにふらりと現れた飄々とした野良猫シロ。犬と猫と猫の不思議な半年間が始まりました。大人に読んで欲しい憧話です。

◆ツノナシオニ  授業参観日に現れた転校生桃山太郎くんのお父さんは、なんと2メートルを超す長身に赤ら顔。そのお父さんの帽子が突風で飛ばされることによって巻き起こった大騒動。でも、それは、私たちにいろいろな問題を考え直させるきっかけでした。

◆割れ鍋に綴じ蓋 ―ワレナベニトジブタ―  若き日に画家を夢見ながら挫折し、現在は平凡な人生を送る中年の私、鈴木守45歳。そんな私が、ふとした切欠で自分探しの旅を始めることになるのですが、その旅とは天才的物理学者の発明した装置による過去と未来への時空と精神を超えた旅だったのです。

◆お取り寄せ救世主  マンションの集合ポストに不法投函された1枚のチラシ。その下品極まりない、品性を疑うほどの酷いチラシには、「無料相談 宅配救世主」と書かれていました。1枚のチラシ、1本の電話から始まる、欲と好奇心とその奥に秘められたやさしさの織り成す不思議な不思議な一夜の人間模様。

◆澤田節子作品集  平成21年6月8日に黒色腫で亡くなった僕の母が書き残してくれた小説、エッセイをご紹介させてください。ドラマチックな物語ではありません。どこにでもある日常のほんのふとした心の動きを、僕には書けない女性らしい目線で描いた作品たちです。

◆こどもたちの詩  まさに僕のこころの原点。童話を書こうと思った切欠が、こどもたちとの詩との出会いでした。痛いほどに眩しい感性。こどもは未完成の大人ではないと僕は思っています。

◆熱田丸蔵の歌  アコギ1本で弾き語りしてみようと思って鋭意努力中です。オリジナルを中心に歌っていきたいなと思っています。

◆YOU TUE ばあちゃんの子育て応援チャンネル  子育て中の方、これから子育てをする方に見ていただけたら嬉しいです。新米ママとパパにほんの少しでもお役にたてればと思い50うん歳にしてYou Tubeを始めてみました。毎月1日、15日に加えて時々増刊号も発信できたらと思っています。

2009年11月12日

迷作劇場 vol.55 「ふたつのお休み」

迷作劇場.bmp 平日のお休みって、いいよね。
なんか 土日とは違った時間が流れている感じがいい。周りがみんな働いてるのに、一人だけ贅沢してる気がするのもいい。で、「よし!特別な日にしよう」なんて思っていても、結局 ゴロゴロして1日終わっちゃったりするんだよね・・・
maruzohの迷作劇場への入口はこちらです。
posted by maruzoh at 07:14| Comment(2) | TrackBack(0) | ◆迷作劇場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月02日

迷作劇場 vol.54 「渡りお化け」

迷作劇場.bmp 朝書きかけて時間がなくって中途で保存したものを、夜飲んでから書き足していくうちに全然違うものになって、前の部分を削ったりして、結局はタイトルさえ変わってしまうということが、よくあります。これもその典型のようなもので、当初は詩で始まって、タイトルは「お化け」でした。そのうち「越冬お化け」になって、最後は「渡りお化け」になりました。
maruzohの迷作劇場への入口はこちらです。
posted by maruzoh at 10:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆迷作劇場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月27日

迷作劇場 vol.53 「和尚さんのナイトキャップ」

迷作劇場.bmpスキンヘッドの僕は、朝の冷え込みが堪える時期になると、頭が冷たくって目を覚ましてしまいます。今朝がそうでした。クローゼットから、フリースのナイトキャップ出さなきゃ・・・。そう思ったら、このお話が寝ぼけ眼に浮かんできました。もう、秋もど真ん中です。
maruzohの迷作劇場への入口はこちらです。
posted by maruzoh at 06:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆迷作劇場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月28日

迷作劇場 vol.52 「わたしとこびと」

迷作劇場.bmp 靴屋さんで夜のうちに靴を作ってくれたり、悪い王妃から白雪姫を守ってくれたり、そんなたいそうなことはできないけれど、がんばっている「こびと」は、あなたのそばにも、たくさんいるようですよ。見かけたら声をかけてあげてください。
maruzohの迷作劇場への入口はこちらです。
posted by maruzoh at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆迷作劇場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月14日

迷作劇場 vol.51 「月面にて」

迷作劇場.bmpずっと更新出来ていませんでしたが、実は週の半分以上が出張だったんです。しかも、ほとんどが日帰りの強行スケジュール。そんな中で、いつの間にか48歳になっていました・・・。でも、ここに来て、ちょっと落ち着いてきましたので、復活の挨拶代わりの迷作劇場をお届けします。
maruzohの迷作劇場への入口はこちらです。
posted by maruzoh at 15:29| Comment(2) | TrackBack(0) | ◆迷作劇場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月17日

迷作劇場 vol.50 「メイと花咲ガエルさん」

メイと花咲ガエルさん.bmpたてがみが体を包んでしまうほど大きなライオン「メイ」のお話を、絵本風に何作か書きました。そうそう。魔法使いの掃除機「アニュー」が主人公の絵本も書きましたね。
急に思い立って童話を書き始めたのが4年前の夏でした。迷作劇場も、もう50回めです。
maruzohの迷作劇場への入口はこちらです。
posted by maruzoh at 09:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆迷作劇場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月12日

迷作劇場 vol.49 「おにいちゃん と しろいいぬ」

帽子のココ 009.jpg 僕には4つはなれた弟がいます。
お互いとうに40を超えて、お腹の出たいい親父だと言うのに、僕の中では、なぜか弟は、いつも金魚のフンのように何処にでもついて来てしまう、ちびで、泣き虫で、足手まといの、あの可愛い弟のまんまなんです。
maruzohの迷作劇場への入口はこちらです。
posted by maruzoh at 14:30| Comment(2) | TrackBack(0) | ◆迷作劇場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月08日

迷作劇場 vol.48 「糸巻き車」

糸巻き車3.bmp 「管を巻く」
糸を紡ぐ作業が、糸巻き車で同じことを延々と繰り返されることから、酔って同じことをクドクドということを指すようになったそうです。糸車は回すとにブーブー言うそうですし、糸繋がりで「絡む」なんて言葉もあって、糸巻き車というのは、どうもお酒とは切っても切れないようです・・・
maruzohの迷作劇場への入口はこちらです。
posted by maruzoh at 18:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆迷作劇場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月01日

迷作劇場 vol.47 「遠近法」

迷作劇場.bmpこれは、実話です。小学5年生に上がる春休み、いつも喧嘩ばかりしていた女の子が転校してしまいました。僕はその時初めて、その子がずっと好きだったという事実を認めたんでしょうね。自分の本当の気持ちに気づかないわけじゃなかったんですが、当時の僕は意外にも「硬派」な「カタブツ」だったんです。クラス替えの発表の時、やっぱりどこにもいないや・・って思った気持ちは、今でも忘れません。
maruzohの迷作劇場への入口はこちらです。
posted by maruzoh at 16:46| Comment(2) | TrackBack(0) | ◆迷作劇場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月28日

迷作劇場 vol.46 「うんちはそつぎょうしき」

うんちは卒業式.JPGウチのトイプー・ココちゃんは、ウンチをする時にくるくる回りながらする癖があります。ですから、ココのウンチはあちこちにポトリポトリと落ちてしまいます。朝の散歩の時は簡単に見つかりますが、夜の街頭の暗い所なんかは、しっかり見ていないと探すのに、ホント大変です。
maruzohの迷作劇場への入口はこちらです。
posted by maruzoh at 10:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆迷作劇場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

   【maruzoh's profile】
   maruzoh live.jpg

名 前/maruzoh こと 熱田丸蔵
出没地/和光、富士宮、麹町 誕生日/9月7日 乙女座
好きなもの/こども、詩、絵、童話、小説、音楽、お酒、美味しいもの、犬、野球、寺、神社、花、ギター、家族
とても影響を受けた人/灰谷健次郎さん、鹿島和夫さん、ドン・カ・ジョンさん、かしわ哲さん、PANTAさん、ジャー・ウォブルさん、小澤征爾さん、帚木蓬生さん
maruzohより一言/運も、人も、夢だって、欲しがり過ぎると逃げてっちゃう。幸せは、み〜んな天下のマワリモノ。みんなで仲良く分け合おう♪