やさしい人に、そうでない人にも 
                         
                        あなたの心に、こころの言葉








【お勧めカテゴリー】

◆こころ王国「まりなさんと王様」  ジャズシンガーを目指すまりなさんが出会ったのは、自称ココロニア王国の国王でした。次第に解けてゆくココロニアの謎と共に、本当の優しさとあたたかさとは何かに気づいてゆくまりなさん。こころ王国物語の第1作です。

◆こころ王国2「王様と皇帝」  200X年5月。ココロニア王国を訪れたナポレオンそっくりの男は、自らを皇帝と名乗りました。皇帝とは何者?皇帝の真の狙いは何か?まだまだ知られていない王国の謎と、現代文明社会との闇とも言うべき組織との死闘。はらはらどきどきのこころ王国物語の第2話です。

◆ケンとチビと、そしてシロ  老いぼれ犬ケンに残された時間が少ないことを偶然知ってしまった生意気な飼い猫チビと、そこにふらりと現れた飄々とした野良猫シロ。犬と猫と猫の不思議な半年間が始まりました。大人に読んで欲しい憧話です。

◆ツノナシオニ  授業参観日に現れた転校生桃山太郎くんのお父さんは、なんと2メートルを超す長身に赤ら顔。そのお父さんの帽子が突風で飛ばされることによって巻き起こった大騒動。でも、それは、私たちにいろいろな問題を考え直させるきっかけでした。

◆割れ鍋に綴じ蓋 ―ワレナベニトジブタ―  若き日に画家を夢見ながら挫折し、現在は平凡な人生を送る中年の私、鈴木守45歳。そんな私が、ふとした切欠で自分探しの旅を始めることになるのですが、その旅とは天才的物理学者の発明した装置による過去と未来への時空と精神を超えた旅だったのです。

◆お取り寄せ救世主  マンションの集合ポストに不法投函された1枚のチラシ。その下品極まりない、品性を疑うほどの酷いチラシには、「無料相談 宅配救世主」と書かれていました。1枚のチラシ、1本の電話から始まる、欲と好奇心とその奥に秘められたやさしさの織り成す不思議な不思議な一夜の人間模様。

◆澤田節子作品集  平成21年6月8日に黒色腫で亡くなった僕の母が書き残してくれた小説、エッセイをご紹介させてください。ドラマチックな物語ではありません。どこにでもある日常のほんのふとした心の動きを、僕には書けない女性らしい目線で描いた作品たちです。

◆こどもたちの詩  まさに僕のこころの原点。童話を書こうと思った切欠が、こどもたちとの詩との出会いでした。痛いほどに眩しい感性。こどもは未完成の大人ではないと僕は思っています。

◆熱田丸蔵の歌  アコギ1本で弾き語りしてみようと思って鋭意努力中です。オリジナルを中心に歌っていきたいなと思っています。

◆YOU TUE ばあちゃんの子育て応援チャンネル  子育て中の方、これから子育てをする方に見ていただけたら嬉しいです。新米ママとパパにほんの少しでもお役にたてればと思い50うん歳にしてYou Tubeを始めてみました。毎月1日、15日に加えて時々増刊号も発信できたらと思っています。

2010年07月09日

迷作劇場 vol.65 「横丁の宇宙人」

迷作劇場.bmp僕らの世代にとって宇宙人のイメージはと言うと、やはり蛸みたいなウェルズの火星人から始まって、ウルトラマンのバルタン星人やウルトラセブンのメトロン星人、そして宇宙戦艦ヤマトのガミラスとなります。この物語は、そういった予備知識のある僕らと違う江戸時代の横丁に宇宙人が現れたら・・というお話です。
maruzohの迷作劇場への入口はこちらです。
posted by maruzoh at 16:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆迷作劇場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月28日

迷作劇場 vol.64 「水中都市」

迷作劇場.bmpこんなにムシムシしてる梅雨時は、空気もずっしりと重くって、しかも体にまとわりついてくるものですから、まるで水の中で暮らす魚になったみたいだ・・なんて思うのです。そんな気分のまま空を眺めていると、雲の隙間から釣り糸を垂らすカミナリさまが見える時があります。時々見かける宙に浮いてるご馳走には、釣り針があるかもしれません。充分用心してくださいね。
maruzohの迷作劇場への入口はこちらです。
posted by maruzoh at 12:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆迷作劇場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月12日

迷作劇場 vol.63 「通り雨の精」

迷作劇場.bmp自分でもあまり読んだこともなかった童話を、なぜか書こうと決意した当初の作品は、動物が主人公だったり、妖精が出てきたりと、僕にもかなり童話に対する固定観念、偏見があったようです。ある日突然思いついて、「童」の字を「憧」に代えてから、同じ妖精でも随分と雰囲気が変わってきたような気がします。
maruzohの迷作劇場への入口はこちらです。
posted by maruzoh at 15:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆迷作劇場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月01日

迷作劇場 vol.62 「新 金の斧と銀の斧」

迷作劇場.bmpこの物語は、創った当初はたいへん気に入っていたのですが、その後にすごく嫌いになって、つい最近読み返してみたら、まんざら否定ばかりもできない・・という具合に、自分の中でも評価が落ちつかない作品です。
やっぱり、反戦という言葉は、僕の中の大きな支柱のひとつなんですね。
maruzohの迷作劇場への入口はこちらです。
posted by maruzoh at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆迷作劇場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月06日

迷作劇場 vol.61 「ライオン・ニート」

迷作劇場.bmp「ライオン・ハート」ならぬ「ライオン・ニート」です。動物園の狭い檻の中で寝そべってばかりのライオンは、ちっとも強そうに見えません。でもライオンだって辛いはずです。本当は、サバンで駆け回りたいはずです。やる気がなさそうに見えるのにも、実は理由があるのです。
maruzohの迷作劇場への入口はこちらです。
posted by maruzoh at 15:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆迷作劇場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月13日

迷作劇場 vol.60 「大蛇の枝」

迷作劇場.bmpこれはもう、丸々4年前の作品です。確か、他のブログで書いていたのを転載したのですから、書いたのはもっと前かもしれません。たぶんこれが、僕の童話っぽい作品の始まりだった気がします。
そうそう、予告です!明日か明後日くらいに「エンドレス・バブル」という曲をアップします。結局、歌詞は乗りませんでしたが・・・
maruzohの迷作劇場への入口はこちらです。
posted by maruzoh at 18:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆迷作劇場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月18日

迷作劇場 vol.59 「続 金の斧と銀の斧」

迷作劇場.bmp先日、華々しく「ROCK宣言!」をしたまでは良かったのですが、なかなか思うように曲作りが進まず、相変わらず写真や過去の作品でお茶を濁しています(苦笑)。今、2曲製作途中なのですが、来週辺りには発表できそうです。
maruzohの迷作劇場への入口はこちらです。
posted by maruzoh at 16:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆迷作劇場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月20日

迷作劇場 vol.58 「朧(おぼろ)げな鮨詰め回転扉」

迷作劇場.bmp僕が4年間に渡って書き溜めてきた童話や憧話、そして詩やイラスト。我ながらの会心作もあれば、とんでもない駄作、失敗作もあります。でも、そのひとつひとつは、僕にとって愛おしい子どものようなものです。その僕の子どもらをもう一度、この「迷作劇場」で、表舞台に出してあげようと思います。
maruzohの迷作劇場への入口はこちらです。
posted by maruzoh at 08:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆迷作劇場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月19日

迷作劇場 vol.57 「隣人愛振興協議会 春日部本部」

迷作劇場.bmp数年前、僕は突如、それまでほとんど読んだことのない「童話」を書きたいと周囲の人たちに告げました。ところが、クマさんやウサちゃんとかが出てくる作品を書いても、ちっとも面白くありません。ある日、灰谷さんの随筆か何かで「こどもを子ども扱いしちゃいけない。子どもは未熟な大人じゃない」という趣旨の文を読んで目からうろこが落ちた気がしました。それが僕の「憧話」の原点です。
maruzohの迷作劇場への入口はこちらです。
posted by maruzoh at 16:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆迷作劇場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月01日

迷作劇場 vol.56 「続 迷子同盟」

迷作劇場.bmp 安部公房さんの「燃えつきた地図」の原案になった短編「カーブの向う」というのが、迷子同盟シリーズ(?)のヒントになっているようです。とはいえ、ずいぶん昔に読んだ本なので 細かいところまでは、正直 覚えていません。記憶喪失になった直後の主人公は、喫茶店で最後はどうしたんでしたっけ?
maruzohの迷作劇場への入口はこちらです。
posted by maruzoh at 18:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆迷作劇場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

   【maruzoh's profile】
   maruzoh live.jpg

名 前/maruzoh こと 熱田丸蔵
出没地/和光、富士宮、麹町 誕生日/9月7日 乙女座
好きなもの/こども、詩、絵、童話、小説、音楽、お酒、美味しいもの、犬、野球、寺、神社、花、ギター、家族
とても影響を受けた人/灰谷健次郎さん、鹿島和夫さん、ドン・カ・ジョンさん、かしわ哲さん、PANTAさん、ジャー・ウォブルさん、小澤征爾さん、帚木蓬生さん
maruzohより一言/運も、人も、夢だって、欲しがり過ぎると逃げてっちゃう。幸せは、み〜んな天下のマワリモノ。みんなで仲良く分け合おう♪