やさしい人に、そうでない人にも 
                         
                        あなたの心に、こころの言葉








【お勧めカテゴリー】

◆こころ王国「まりなさんと王様」  ジャズシンガーを目指すまりなさんが出会ったのは、自称ココロニア王国の国王でした。次第に解けてゆくココロニアの謎と共に、本当の優しさとあたたかさとは何かに気づいてゆくまりなさん。こころ王国物語の第1作です。

◆こころ王国2「王様と皇帝」  200X年5月。ココロニア王国を訪れたナポレオンそっくりの男は、自らを皇帝と名乗りました。皇帝とは何者?皇帝の真の狙いは何か?まだまだ知られていない王国の謎と、現代文明社会との闇とも言うべき組織との死闘。はらはらどきどきのこころ王国物語の第2話です。

◆ケンとチビと、そしてシロ  老いぼれ犬ケンに残された時間が少ないことを偶然知ってしまった生意気な飼い猫チビと、そこにふらりと現れた飄々とした野良猫シロ。犬と猫と猫の不思議な半年間が始まりました。大人に読んで欲しい憧話です。

◆ツノナシオニ  授業参観日に現れた転校生桃山太郎くんのお父さんは、なんと2メートルを超す長身に赤ら顔。そのお父さんの帽子が突風で飛ばされることによって巻き起こった大騒動。でも、それは、私たちにいろいろな問題を考え直させるきっかけでした。

◆割れ鍋に綴じ蓋 ―ワレナベニトジブタ―  若き日に画家を夢見ながら挫折し、現在は平凡な人生を送る中年の私、鈴木守45歳。そんな私が、ふとした切欠で自分探しの旅を始めることになるのですが、その旅とは天才的物理学者の発明した装置による過去と未来への時空と精神を超えた旅だったのです。

◆お取り寄せ救世主  マンションの集合ポストに不法投函された1枚のチラシ。その下品極まりない、品性を疑うほどの酷いチラシには、「無料相談 宅配救世主」と書かれていました。1枚のチラシ、1本の電話から始まる、欲と好奇心とその奥に秘められたやさしさの織り成す不思議な不思議な一夜の人間模様。

◆澤田節子作品集  平成21年6月8日に黒色腫で亡くなった僕の母が書き残してくれた小説、エッセイをご紹介させてください。ドラマチックな物語ではありません。どこにでもある日常のほんのふとした心の動きを、僕には書けない女性らしい目線で描いた作品たちです。

◆こどもたちの詩  まさに僕のこころの原点。童話を書こうと思った切欠が、こどもたちとの詩との出会いでした。痛いほどに眩しい感性。こどもは未完成の大人ではないと僕は思っています。

◆熱田丸蔵の歌  アコギ1本で弾き語りしてみようと思って鋭意努力中です。オリジナルを中心に歌っていきたいなと思っています。

◆YOU TUE ばあちゃんの子育て応援チャンネル  子育て中の方、これから子育てをする方に見ていただけたら嬉しいです。新米ママとパパにほんの少しでもお役にたてればと思い50うん歳にしてYou Tubeを始めてみました。毎月1日、15日に加えて時々増刊号も発信できたらと思っています。

2011年03月24日

迷作劇場 vol.85 「おいでよ」

A5A4A5E9A5B9A5C8A4CEA5BFA5A4A5C8A5EB.jpg おいでよ。
もっとそばにおいでよ。
あたためてあげるよ。
もっと仲良しになりたい。
もっとそばに行ったげる。
あたたかくなろうよ。
maruzohの迷作劇場への入口はこちらです。
posted by maruzoh at 08:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆迷作劇場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月12日

迷作劇場 vol.84 「罵倒屋さん」

迷作劇場.bmp以前不条理系「ぷち憧話」の物売りシリーズを書きました。今回は、その第3弾とも言うべき、でたらめなお話です。過去の2つもよろしければご覧ください。

◆挫折屋/2006.4.30掲載
◆元祖 挫折屋/2006.5.10掲載
maruzohの迷作劇場への入口はこちらです。
posted by maruzoh at 12:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆迷作劇場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月21日

迷作劇場 vol.83 「とても掻き捨てたい」

迷作劇場.bmp旅は、いいなあ。
旅は、非日常的であり、旅は、孤独であり、旅には、自由がある。
反(かえ)す処、旅が、いい、と思える自分には、日常があり、家庭があり、収まるべき場所がある、のかもしれない。旅は、そんな発見もさせてくれる。
本当に、旅は、いいなあ
maruzohの迷作劇場への入口はこちらです。
posted by maruzoh at 09:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆迷作劇場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月22日

迷作劇場 vol.82 「おじさんのレゲエ」

maru's20music2.bmpついに迷作劇場に音楽の登場です。物語から始まって、詩、イラストと広がってきましたが、また音楽をやろうと準備しています。最近、なぜかボブ・マーリーが、僕の中で再燃してしまって、仕事の移動中なんかも、ずっと「LIVE」とか聴いています。なので、以前QYで創ったこの曲に再登場してもらいました。今度、太田の「アルバトロス」さんに、エレアコ担いで行く時は、電話しますからね。待っててね、木村さん。
maruzohの迷作劇場への入口はこちらです。
posted by maruzoh at 23:38| Comment(5) | TrackBack(0) | ◆迷作劇場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月16日

迷作劇場 vol.81 「ため息」

A4BFA4E1C2A9-thumbnail2.bmp去年完結した「お取り寄せ救世主」をリニューアルして別サイトで連載中です。アルファポリスさんの現代文学のwebコンテンツに挑戦中です。今のところ、一人称と細部が変わっただけですが、これから先、だいぶ内容も変わっていく予定です。
宜しければ、こちら↓もご覧下さい。
◆「お取り寄せ救世主 1〜7」
maruzohの迷作劇場への入口はこちらです。
posted by maruzoh at 15:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆迷作劇場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月07日

迷作劇場 vol.80 「ショボン玉飛んだ」

迷作劇場.bmp違うよ。
別に僕だって 
弾けてしまうのを待ってる訳じゃない。
でも、こうして反射できずにいるのが辛いんだ。
神様は僕をどうして洗濯石鹸なんかでお作りになったんだろうって思ったら、悔しくて悲しくなってしまったんだ。(本文より)
maruzohの迷作劇場への入口はこちらです。
posted by maruzoh at 09:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆迷作劇場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月23日

迷作劇場 vol.79 「意地悪会議」

迷作劇場.bmp子どもの頃、「ウーマンリブ」という言葉が流行っていました。当時では画期的な女性の人権に関する提唱だったのですが、こと小学校に関しては、男子に比べて成長の早い女子には、体力、知力とも全く叶わなかったのが現実で、更に強くなられては困る・・と、僕ら男子は真剣に思ったものでした。
そんなことを思い出しながら書いたお話です。
maruzohの迷作劇場への入口はこちらです。
posted by maruzoh at 09:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆迷作劇場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月30日

迷作劇場 vol.78 「ほら吹き 嘘つき 夢語り」

夢語り.jpgところが、何が幸いするかわからないのが人の世で、俺のそんな未熟さや無鉄砲さは、ほらを吹くことも億劫な人たちにとっては、「夢追い人の若気の至り」だとか、「正視できないほどに純粋」にだとか、昔の映画評論家が、ジェームス・ディーンを絶賛するみたいに無責任な賞賛を集めていた時期もあった。「現代の若者の代弁者」とかね・・・ (本文より)
maruzohの迷作劇場への入口はこちらです。
posted by maruzoh at 09:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆迷作劇場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月14日

迷作劇場 vol.77 「ミズタマニア 〜水玉カメラ傑作選〜」

迷作劇場.bmp初めての試み。
迷作劇場にmaruzohが撮った写真の登場です。
たかが水玉、されど水玉。
スーパーマクロ機能のついたデジカメを紛失してから、「水玉カメラ」はあまり撮らなくなってしまいましたが、ここはひとつ、へそくりと相談して、復活させるのも悪くないかもね。
maruzohの迷作劇場への入口はこちらです。
posted by maruzoh at 16:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆迷作劇場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月01日

迷作劇場 vol.76 「お化け捜索願い」

迷作劇場.bmp終わってしまいましたが、「ゲゲゲの女房」。ホント毎朝楽しみに見ていました。
朝ドラを最後まで見たのは、初めてだと思います。
あと、「龍馬伝」。大河ドラマを1回も欠かさず見るのも、初めてになりそうです。
テレビは、基本的に好きではないのですが、前述の2作と「探偵ナイトスクープ」だけは、マジ好きです。
maruzohの迷作劇場への入口はこちらです。
posted by maruzoh at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆迷作劇場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

   【maruzoh's profile】
   maruzoh live.jpg

名 前/maruzoh こと 熱田丸蔵
出没地/和光、富士宮、麹町 誕生日/9月7日 乙女座
好きなもの/こども、詩、絵、童話、小説、音楽、お酒、美味しいもの、犬、野球、寺、神社、花、ギター、家族
とても影響を受けた人/灰谷健次郎さん、鹿島和夫さん、ドン・カ・ジョンさん、かしわ哲さん、PANTAさん、ジャー・ウォブルさん、小澤征爾さん、帚木蓬生さん
maruzohより一言/運も、人も、夢だって、欲しがり過ぎると逃げてっちゃう。幸せは、み〜んな天下のマワリモノ。みんなで仲良く分け合おう♪