やさしい人に、そうでない人にも 
                         
                        あなたの心に、こころの言葉








【お勧めカテゴリー】

◆こころ王国「まりなさんと王様」  ジャズシンガーを目指すまりなさんが出会ったのは、自称ココロニア王国の国王でした。次第に解けてゆくココロニアの謎と共に、本当の優しさとあたたかさとは何かに気づいてゆくまりなさん。こころ王国物語の第1作です。

◆こころ王国2「王様と皇帝」  200X年5月。ココロニア王国を訪れたナポレオンそっくりの男は、自らを皇帝と名乗りました。皇帝とは何者?皇帝の真の狙いは何か?まだまだ知られていない王国の謎と、現代文明社会との闇とも言うべき組織との死闘。はらはらどきどきのこころ王国物語の第2話です。

◆ケンとチビと、そしてシロ  老いぼれ犬ケンに残された時間が少ないことを偶然知ってしまった生意気な飼い猫チビと、そこにふらりと現れた飄々とした野良猫シロ。犬と猫と猫の不思議な半年間が始まりました。大人に読んで欲しい憧話です。

◆ツノナシオニ  授業参観日に現れた転校生桃山太郎くんのお父さんは、なんと2メートルを超す長身に赤ら顔。そのお父さんの帽子が突風で飛ばされることによって巻き起こった大騒動。でも、それは、私たちにいろいろな問題を考え直させるきっかけでした。

◆割れ鍋に綴じ蓋 ―ワレナベニトジブタ―  若き日に画家を夢見ながら挫折し、現在は平凡な人生を送る中年の私、鈴木守45歳。そんな私が、ふとした切欠で自分探しの旅を始めることになるのですが、その旅とは天才的物理学者の発明した装置による過去と未来への時空と精神を超えた旅だったのです。

◆お取り寄せ救世主  マンションの集合ポストに不法投函された1枚のチラシ。その下品極まりない、品性を疑うほどの酷いチラシには、「無料相談 宅配救世主」と書かれていました。1枚のチラシ、1本の電話から始まる、欲と好奇心とその奥に秘められたやさしさの織り成す不思議な不思議な一夜の人間模様。

◆澤田節子作品集  平成21年6月8日に黒色腫で亡くなった僕の母が書き残してくれた小説、エッセイをご紹介させてください。ドラマチックな物語ではありません。どこにでもある日常のほんのふとした心の動きを、僕には書けない女性らしい目線で描いた作品たちです。

◆こどもたちの詩  まさに僕のこころの原点。童話を書こうと思った切欠が、こどもたちとの詩との出会いでした。痛いほどに眩しい感性。こどもは未完成の大人ではないと僕は思っています。

◆熱田丸蔵の歌  アコギ1本で弾き語りしてみようと思って鋭意努力中です。オリジナルを中心に歌っていきたいなと思っています。

◆YOU TUE ばあちゃんの子育て応援チャンネル  子育て中の方、これから子育てをする方に見ていただけたら嬉しいです。新米ママとパパにほんの少しでもお役にたてればと思い50うん歳にしてYou Tubeを始めてみました。毎月1日、15日に加えて時々増刊号も発信できたらと思っています。

2011年04月19日

迷作劇場 vol.94 「八木重吉 秋の瞳より 心よ」

こころ.JPGこころは、ひとつところにいないもののようです。確かに、そんなに落ち着いてるこころがあれば、お釈迦様のように生きられるのかもしれません。
でも、そんな風に生きられないからこその喜びだって、絶対にあるはずですよね。
イラスト by maruzoh
maruzohの迷作劇場への入口はこちらです。


posted by maruzoh at 14:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆迷作劇場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月16日

迷作劇場 vol.93 「青虫モス太くん」

青虫くん 035.jpg僕の家のみかんの木に青虫が住み着いて、葉っぱをいっぱい食べてしまいました。退治をしてやろうかと出向きましたが、近くで見るとこれがまた、かわいい♪英語でキャタピラーというのもなるほど!という感じ。
かのモスラ先輩にあやかって、「モス太」と命名してしまいました。動かないので被写体(モデル?)としてもサイコーです。アップでどうぞ♪
maruzohの迷作劇場への入口はこちらです。
posted by maruzoh at 12:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆迷作劇場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月14日

迷作劇場 vol.92 「満開の桜に見とれるココ」

ココと桜 019.jpg随分とすっきりして若返ったみたいでしょ?・・って、ココはまだ11ヵ月だってーの!48のオヤジと違って、もともと若いんだってば!さて、そのココちゃん。太り過ぎを心配していましたが、減量に加えトリミングで、一気にメタボ犬からスレンダー犬の仲間入り。散歩の足取りも軽く・・と言いたいところですが、なぜか公園で動こうとしない。な・・なんと、その視線の先には・・
maruzohの迷作劇場への入口はこちらです。
posted by maruzoh at 16:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆迷作劇場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月07日

迷作劇場 vol.91 「尻尾振りたいな」

初めての洋服ともう一匹のココちゃん 039.jpg毎朝6時に愛犬ココに起こされます。
後ろ足立ちになって、僕の部屋のドアを「カリカリカリカリ」って引っ掻いて、「オシッコ連れてってよぉ」と起こしにきます。ドアを開けると、尻尾をぶんぶん振ったココがいます。ココの尻尾は、振ったり、垂れ下がったり、丸まっちゃったり、実に表現力豊かで、その上絶対嘘をつきません。僕も尻尾が欲しくなりました。
maruzohの迷作劇場への入口はこちらです。
posted by maruzoh at 08:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆迷作劇場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月06日

迷作劇場 vol.91 「カラー輪ゴム犬 ココちゃん」

ココ0716 185.jpg何かのおまけで女房が貰ったらしいのですが、髪の毛を結わったりするような綺麗な輪ゴム。
これをココに着けてみたら、男の子なのに、なんてまあ似合うんでしょう♪
ほんとラブリーなんですよぉ。
maruzohの迷作劇場への入口はこちらです。
posted by maruzoh at 09:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆迷作劇場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月05日

迷作劇場 vol.90 「光の中の赤い男」

A5A4A5E9A5B9A5C8A4CEA5BFA5A4A5C8A5EB.jpg晩に描いたイラストですが、怖そうな顔になってしまったので掲載をやめました。でも、不思議。翌朝見直してみたら、光に向かって微笑んでいるようにも見えます。口元を近くから、遠くから繰り返してみていると、やっぱり微笑んでいます。みなさんは、「驚いている」「微笑んでいる」、どちらに見えますか?
maruzohの迷作劇場への入口はこちらです。
posted by maruzoh at 07:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆迷作劇場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月02日

迷作劇場 vol.89 「道化師の唄」

maru's music2.bmp同じであってもピエロというのと、道化師というのでは、なんとなくイメージが違ってきますよね。道化師の方が、夕暮れに馴染みそうな気がするのは、僕だけでしょうか?
QY300を買ったばかりの頃の曲です。まだ、慣れていないのが新鮮で、逆に面白いかも。
maruzohの迷作劇場への入口はこちらです。
posted by maruzoh at 14:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆迷作劇場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月28日

迷作劇場 vol.88 「とても大切なもの」

A5A4A5E9A5B9A5C8A4CEA5BFA5A4A5C8A5EB.jpg 大切なものって、
人によってそれぞれ違うけど、
僕の大切なものと、
あなたの大切なもの
ふたりの大切なものが、
おんなじだったらいいね。
maruzohの迷作劇場への入口はこちらです。
posted by maruzoh at 08:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆迷作劇場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月26日

迷作劇場 vol.87 「お化け捜索願い」

お化けだよ〜ん.bmp 現代にはお化けがいなくなった・・という詩ですが、今の世の中、お化けより間違いなく人間の方が怖いです。脅かす立場から脅かされる立場になったお化けたちは、街から逃げ出したんじゃないでしょうか。そして、今でもゆっくりとした時間が流れているところで、ひっそりと暮らしているのかもしれません。
maruzohの迷作劇場への入口はこちらです。
posted by maruzoh at 08:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆迷作劇場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月25日

迷作劇場 vol.86 「stealthy steps」

maru's music2.bmpタイトルの「stealthy steps」は、忍び足という意味です。これも習作でタイトルもありませんでしたが、発表に際して無理矢理名付けました。
僕は頭脳警察、パンク系の出なんですが、実は密かにクラッシクやジャズに憧れていました。これは、大人になってこっそり創ったジャズもどきです。
maruzohの迷作劇場への入口はこちらです。
posted by maruzoh at 08:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆迷作劇場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

   【maruzoh's profile】
   maruzoh live.jpg

名 前/maruzoh こと 熱田丸蔵
出没地/和光、富士宮、麹町 誕生日/9月7日 乙女座
好きなもの/こども、詩、絵、童話、小説、音楽、お酒、美味しいもの、犬、野球、寺、神社、花、ギター、家族
とても影響を受けた人/灰谷健次郎さん、鹿島和夫さん、ドン・カ・ジョンさん、かしわ哲さん、PANTAさん、ジャー・ウォブルさん、小澤征爾さん、帚木蓬生さん
maruzohより一言/運も、人も、夢だって、欲しがり過ぎると逃げてっちゃう。幸せは、み〜んな天下のマワリモノ。みんなで仲良く分け合おう♪


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。