やさしい人に、そうでない人にも 
                         
                        あなたの心に、こころの言葉








【お勧めカテゴリー】

◆こころ王国「まりなさんと王様」  ジャズシンガーを目指すまりなさんが出会ったのは、自称ココロニア王国の国王でした。次第に解けてゆくココロニアの謎と共に、本当の優しさとあたたかさとは何かに気づいてゆくまりなさん。こころ王国シリーズの第1作です。

◆澤田節子作品集  平成21年6月8日に黒色腫で亡くなった僕の母が書き残してくれた小説、エッセイをご紹介させてください。ドラマチックな物語ではありません。どこにでもある日常のほんのふとした心の動きを、僕には書けない女性らしい目線で描いた作品たちです。

◆こどもたちの詩  まさに僕のこころの原点。童話を書こうと思った切欠が、こどもたちとの詩との出会いでした。痛いほどに眩しい感性。こどもは未完成の大人ではないと僕は思っています。

◆熱田丸蔵の歌  アコギ1本で弾き語りしてみようと思って鋭意努力中です。オリジナルを中心に歌っていきたいなと思っています。

◆YOU TUE ばあちゃんの子育て応援チャンネル  子育て中の方、これから子育てをする方に見ていただけたら嬉しいです。新米ママとパパにほんの少しでもお役にたてればと思い50うん歳にしてYou Tubeを始めてみました。毎月1日、15日に加えて時々増刊号も発信できたらと思っています。


2009年02月02日

maruzohの隠れ家 其の壱拾五 あんこうとアラ 絶品鍋のお店 ゑび車

ebiguruma (22).jpg今の僕の「隠れ家中の隠れ家」です。去年の暮に知ってから僅か1ヶ月ちょっとの間に、娘とのデートや接待で、なんと4回もお邪魔してしまいました。オススメは、とにかく鍋!この季節は、これに尽きます。あんこう、ブリしゃぶ、そして幻ともいわれる高級魚のアラ!このお店では、料亭で食べるようなお鍋を、気取らずに、庶民的な値段でお腹いっぱい食べられるんです。
maruzohのへの入口はこちらです。
posted by maruzoh at 18:10| Comment(7) | TrackBack(0) | ◆丸蔵の隠れ家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月11日

maruzohの隠れ家 其の壱拾四 川越の昔ながらのコロッケ 萩原精肉店

090110 川越 散策 028.jpg遥か昔のNHK少年ドラマシリーズに「コロッケ町のぼく」というドラマがあって、そのドラマに「埼玉屋」というコロッケ屋さんが出てきたんですが、それが本当に美味しそうだったんです。僕らが小学校高学年くらいでしたから、コロッケ1個20円くらいだったでしょうか?肉屋さんで揚げ立ての熱々を、お小遣いで買ったものでした。
maruzohの隠れ家への入口はこちらです。
posted by maruzoh at 11:17| Comment(8) | TrackBack(0) | ◆丸蔵の隠れ家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月09日

maruzohの隠れ家 其の拾参 蕎麦屋酒 坐唯杏 別館

いろいろ 10.8 004.jpgお蕎麦屋さんと言うより、蕎麦屋風居酒屋。そんな感じのこのお店に最近はまっています。昼のランチも独創的で美味しければ、夜の酒の肴も一級品です。店内には静かにジャズが流れて、大人同士の落ち着いた会話ができます。駅からちょっぴり離れたビルの地下。まさに大人の隠れ家という雰囲気のお店です。
maruzohの隠れ家への入口はこちらです。
posted by maruzoh at 18:30| Comment(2) | TrackBack(0) | ◆丸蔵の隠れ家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月30日

maruzohの隠れ家 其の拾弐 絶品ぷりぷりレバー 居酒屋 大船(だいせん)さん

大船 009.jpg前回の隠れ家の紹介が2007年11月6日の「魚がし鮨」さんですから、相当な時間が経過してしまいました。でも、本当に隠れ家なんて呼べるところは、そうそうはないものなんですよね。で、今回のお店は、本当の本当の隠れ家。なんと自宅から3分。女房と僕の隠れ家です。お勧めはなんと言っても新鮮なレバー。これを1度食べちゃったら、他の店のレバーはもう食べられませんよ♪
maruzohの隠れ家の入口はこちらです。
posted by maruzoh at 12:07| Comment(2) | TrackBack(0) | ◆丸蔵の隠れ家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月06日

maruzohの隠れ家 其の拾壱 静岡に来たなら魚! 「沼津 魚がし鮨」さん

魚がし寿司2.jpg実は、仕事で静岡に来ています。
ぷち出張というやつです。
で、静岡と言ったら、やっぱり新鮮な「魚」でしょう。安くて美味いと昔から評判のこのお店。この夏、十数年振りの来静の時に、静岡の駅ビルにも支店があることを教えてもらって、また訪れてしまいました。
maruzohの隠れ家への入口はこちらです。
posted by maruzoh at 21:37| Comment(2) | TrackBack(0) | ◆丸蔵の隠れ家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月31日

maruzohの隠れ家 其の拾 こだわりの塩 東池袋「まるきゅうらあめん」さん

まるきゅう2.jpg以前のイメージで行って、いい方に期待を裏切られることがありますが、今日の昼食がそうでした。まるきゅうさんは、このところ人気が出て行列なしでは食べられなくなったので、行列嫌いな僕は随分と顔を出していませんでした。今日は中途半端な時間の昼食になった為、行列はないだろうと行ってみたのですが…
maruzohの隠れ家への入口はこちらです。
posted by maruzoh at 13:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆丸蔵の隠れ家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月27日

maruzohの女房の隠れ家 【灯台下暗し編】 絶品!オムライス!和光市本町 Tea Room「kitri」さん

kitri5.JPG今日は僕の隠れ家ではなくって、女房の隠れ家です。今日、教えてもらいました。この街にに住んで、もう12年になりますが、こんなに美味しいお店があるだなんて、今日の今日まで知りませんでした。いやぁ、女房に脱毛・・いえ、脱帽です。でも、いくら美味しいからって、この台風の強風の中、親子3人でよく出かけたなあ・・・
maruzohの女房の隠れ家への入口はこちらです。
posted by maruzoh at 18:18| Comment(2) | TrackBack(0) | ◆丸蔵の隠れ家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月23日

maruzohの隠れ家 【特別編】 絶品煮込みと生ホッピー 大塚「木曽路」さん

木曽路16.JPG風も肌寒くなって、煮込みの恋しい季節。ということで、僕の行きつけ中の行きつけ「木曽路」さんが、最新の画像で再度の登場です。美味くて、安くて、落ち着ける。マスター夫妻の仲睦まじさで美味しさ更にアップ。僕にとってある意味、自宅よりくつろげる空間です。
maruzohの隠れ家への入口はこちらです。
posted by maruzoh at 11:54| Comment(0) | TrackBack(1) | ◆丸蔵の隠れ家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月17日

maruzohの隠れ家 其の九 看板に偽りなし 東池袋 麺場「七人の侍」さん

七人の侍1.jpg自分で決めた週1回のもり蕎麦以外の昼食の日。何処に行くかが悩みの種です。今日は、やっぱりラーメン。というか、この店は、やっぱり「つけめん」でしょう。直線距離ならすぐそこなのに、六つ又交差点を越えて行くには、2つないし3つの信号を渡らなければなりません。でも、信号待ちもまた楽し、です。
maruzohの隠れ家への入口はこちらです。
posted by maruzoh at 14:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆丸蔵の隠れ家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月10日

maruzohの隠れ家 其の八 びっくり親子丼 池袋 うなぎ「大和田」

大和田2.jpg鰻屋さんに親子丼を食べに行く。

妙な感じがしますが、僕はこの店の親子丼が大好きです。それには、ちょっとした訳・・というか、「仕掛け」があるんです。もちろん鰻も、安くて美味いと評判です。
maruzohの隠れ家への入口はこちらです。
posted by maruzoh at 13:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆丸蔵の隠れ家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

   【maruzoh's profile】
   maruzoh live.jpg

名 前/maruzoh こと 熱田丸蔵
出没地/和光、富士宮、麹町 誕生日/9月7日 乙女座
好きなもの/こども、詩、絵、童話、小説、音楽、お酒、美味しいもの、犬、野球、寺、神社、花、ギター、家族
とても影響を受けた人/灰谷健次郎さん、鹿島和夫さん、ドン・カ・ジョンさん、かしわ哲さん、PANTAさん、ジョン・ライドンさん、小澤征爾さん、帚木蓬生さん
maruzohより一言/運も、人も、夢だって、欲しがり過ぎると逃げてっちゃう。幸せは、み〜んな天下のマワリモノ。みんなで仲良く分け合おう♪



title.gif
maruzohは、アートビリティ作家さんを、応援します!

●ご連絡先● 〒165−0023 東京都中野区江原町2−6−7
社会福祉法人東京コロニー アートビリティ事務局内
TEL 03−5988−7155/FAX 03−3953−9461
●営業時間● 平日 9:00〜17:20 / 土・日・祝日 休業日