やさしい人に、そうでない人にも 
                         
                        あなたの心に、こころの言葉








【お勧めカテゴリー】

◆こころ王国「まりなさんと王様」  ジャズシンガーを目指すまりなさんが出会ったのは、自称ココロニア王国の国王でした。次第に解けてゆくココロニアの謎と共に、本当の優しさとあたたかさとは何かに気づいてゆくまりなさん。こころ王国物語の第1作です。

◆こころ王国2「王様と皇帝」  200X年5月。ココロニア王国を訪れたナポレオンそっくりの男は、自らを皇帝と名乗りました。皇帝とは何者?皇帝の真の狙いは何か?まだまだ知られていない王国の謎と、現代文明社会との闇とも言うべき組織との死闘。はらはらどきどきのこころ王国物語の第2話です。

◆ケンとチビと、そしてシロ  老いぼれ犬ケンに残された時間が少ないことを偶然知ってしまった生意気な飼い猫チビと、そこにふらりと現れた飄々とした野良猫シロ。犬と猫と猫の不思議な半年間が始まりました。大人に読んで欲しい憧話です。

◆ツノナシオニ  授業参観日に現れた転校生桃山太郎くんのお父さんは、なんと2メートルを超す長身に赤ら顔。そのお父さんの帽子が突風で飛ばされることによって巻き起こった大騒動。でも、それは、私たちにいろいろな問題を考え直させるきっかけでした。

◆割れ鍋に綴じ蓋 ―ワレナベニトジブタ―  若き日に画家を夢見ながら挫折し、現在は平凡な人生を送る中年の私、鈴木守45歳。そんな私が、ふとした切欠で自分探しの旅を始めることになるのですが、その旅とは天才的物理学者の発明した装置による過去と未来への時空と精神を超えた旅だったのです。

◆お取り寄せ救世主  マンションの集合ポストに不法投函された1枚のチラシ。その下品極まりない、品性を疑うほどの酷いチラシには、「無料相談 宅配救世主」と書かれていました。1枚のチラシ、1本の電話から始まる、欲と好奇心とその奥に秘められたやさしさの織り成す不思議な不思議な一夜の人間模様。

◆澤田節子作品集  平成21年6月8日に黒色腫で亡くなった僕の母が書き残してくれた小説、エッセイをご紹介させてください。ドラマチックな物語ではありません。どこにでもある日常のほんのふとした心の動きを、僕には書けない女性らしい目線で描いた作品たちです。

◆こどもたちの詩  まさに僕のこころの原点。童話を書こうと思った切欠が、こどもたちとの詩との出会いでした。痛いほどに眩しい感性。こどもは未完成の大人ではないと僕は思っています。

◆熱田丸蔵の歌  アコギ1本で弾き語りしてみようと思って鋭意努力中です。オリジナルを中心に歌っていきたいなと思っています。

◆YOU TUE ばあちゃんの子育て応援チャンネル  子育て中の方、これから子育てをする方に見ていただけたら嬉しいです。新米ママとパパにほんの少しでもお役にたてればと思い50うん歳にしてYou Tubeを始めてみました。毎月1日、15日に加えて時々増刊号も発信できたらと思っています。

2019年07月21日

ツノナシオニ 第17回 沈黙

ツノナシオニ.bmpトカゲ眼鏡がドキドキしているのが、見ている僕にまで伝わってくる。笑っているお父さんの顔と、そのお父さんの頭にちょこんと乗っかった帽子を代わりばんこに見ながら、自分はどんな顔をしたらいいものか決めかねているみたいだ。「どうです?ご覧になりませんか?本物のオニのツノを間近で見る機会なんて、そうそうあるものではないですよ。よろしければ触ってみたってかまいません」お父さんの言葉にトカゲ眼鏡は、今更ながらに驚いて、そして戸惑っている。(本文より)
ツノナシオニへの入口はこちらです。
posted by maruzoh at 18:22| Comment(0) | ◆ツノナシオニ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月14日

ツノナシオニ 第16回 交代

ツノナシオニ.bmpトカゲ眼鏡は、ずるい。だって、さっきまでは腰を抜かすくらいまで怯えて、真っ青な顔で尻餅をついてたくせに、僕らと先生が楽しく笑ってたのを聞いて、お父さんが全然怖くない、そう、やさしいオニだってことが分かった途端、あんなことを言い出したんだから。「青〜い、世間知らずのセンセイさま。さて、どうしたもんかね、この代償は・・・」(本文より)

ツノナシオニへの入口はこちらです。
posted by maruzoh at 18:15| Comment(0) | ◆ツノナシオニ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月30日

ツノナシオニ 第15回 再会

ツノナシオニ.bmpお父さんと先生は、なにか、昔からの友達同士みたいな目で見つめあって微笑んで、それから暫くの間握手をしあっていたけれど、ふとお父さんが何かを思い出したという風に手を挙げると、路地の角の僕に声を掛けた。「太郎、こっちへおいで。お前が先生に挨拶に来たんだろう?」みんなの視線が一斉にお父さんの声の先を追って、路地の角から頭だけ出していた僕に集まった。「あ、あれが・・・」「オ、オニの子ですか?」そんな声が聞こえてきた。(本文より)
ツノナシオニへの入口はこちらです。
posted by maruzoh at 16:27| Comment(0) | ◆ツノナシオニ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月23日

ツノナシオニ 第14回 謝罪

ツノナシオニ.bmp「も、桃山君のお父さん・・・」振り返った先生が、お父さんに気づいた。お父さんはこっくりとうなずくと、先生の手を静かに解き放して、こう言った。「先生、私たち親子のことで、これ以上先生を苦しめるわけにはいきません。そう思って見ていたら、勝手に体が動いてしまいました。でしゃばった真似かも知れませんが・・・」とってもやさしい、亡くなったお母さんのことを僕に話してくれる時と同じお父さんの声だった。(本文より)
ツノナシオニへの入口はこちらです。
posted by maruzoh at 09:30| Comment(0) | ◆ツノナシオニ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月16日

ツノナシオニ 第13回 暴言

ツノナシオニ.bmpトカゲ眼鏡が笑うのをやめて、少し考えるようなそぶりをしている。どうやら、先生の言っていた「暴言」というのが、どれだったのかを思い出しているみたいだ。なかなか思い出せないところを見ると、僕ら親子への悪口は、1つや2つだけじゃあなかったに違いない。「佐藤さん、まさか自分が言ったことを忘れたんじゃないでしょうね」先生がそう言ってまた1歩進むと、トカゲ眼鏡がまた1歩退く。こんな路地裏には似合いやしないけど、まるで息の合った社交ダンスのステップみたいだ。(本文より)
ツノナシオニへの入口はこちらです。
posted by maruzoh at 15:40| Comment(0) | ◆ツノナシオニ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月09日

ツノナシオニ 第12回 原因

ツノナシオニ.bmp先生が、トカゲ眼鏡を殴った。どう見てもそんな風だ。僕の心臓はドキドキしっ放しで、それが治まるどころかどんどん激しくなって、なんか息までがはあはあし始めてしまった。トカゲ眼鏡は、左の眼の下を左手で押さえたまま、しばらくの間先生の顔をじっと見つめていたけれど、ゆっくりと立ち上がると、血なんかついてもいやしない左の手のひらを眺めて、こう言った。(本文より)
ツノナシオニへの入口はこちらです。
posted by maruzoh at 21:34| Comment(0) | ◆ツノナシオニ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月02日

ツノナシオニ 第11回 衝突

ツノナシオニ.bmp「何を言い出すかと思ったら、問題があったのは僕らの方ですって?どこからそういう発想が生まれるのか私には理解できないが、まあ、そんなことは、もうどうでもいい。先生、あなたツノが、確かにツノがあったと仰いましたね」トカゲ眼鏡のおじさんは、なぜだか急に嬉々とした表情になって、周りの人に「聞きましたよね、ツノがあったって」だとか、「確かに言いましたね」だとか、僕らの嫌いな例えだけれど、まるで鬼の首でも取ったようにはしゃぎ回っている。(本文より)
ツノナシオニへの入口はこちらです。
posted by maruzoh at 17:37| Comment(0) | ◆ツノナシオニ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月26日

ツノナシオニ 第10回 問答

ツノナシオニ.bmp先生は涙が流れるままにまかせて、暫くの間路地裏の古い建物に囲まれた曇り空を見つめ続けていた。そして漸(ようや)くそこから目を降ろした先生は、静かに、でも力強く話し始めたんだ。「ご父兄のみなさん。僕は、去年教職に就いたばかりのまだ経験の浅い新米教師です」トカゲ眼鏡のおじさんが、またでしゃばって、すぐ話の腰を折ろうとする。(本文より)
ツノナシオニへの入口はこちらです。
posted by maruzoh at 21:35| Comment(0) | ◆ツノナシオニ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月19日

ツノナシオニ 第9回 扇動

ツノナシオニ.bmp先生は、今までに僕が見たこともない表情をしていた。大勢の大人たちに囲まれて、確かに驚いてはいたけれど、先生の表情は、昨日帽子の取れたお父さんのツノを見てただ怯えて引きつっていただけのあの時とは、ちょっと違っているような気がした。タバコ屋さんの曲がり角で立ち尽くす僕ら2人に気もつかずに、たくさんのおじさんやおばさんが、なおも先生に次々に質問を浴びせかけている。(本文より)
ツノナシオニへの入口はこちらです。
posted by maruzoh at 15:38| Comment(0) | ◆ツノナシオニ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月12日

ツノナシオニ 第8回 代休

ツノナシオニ.bmp僕の通っていた小学校の父の日の授業参観は、毎年6月の第3日曜日に行われるから、いつだって次の月曜日は代休でお休みになっている。でも、せっかくのお休みも、昨日のお天気とは打って変わって、今日はどんよりと今にも泣き出しそうな空模様、まるで僕の心の中みたいだ。(本文より)
ツノナシオニへの入口はこちらです。
posted by maruzoh at 09:01| Comment(0) | ◆ツノナシオニ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

   【maruzoh's profile】
   maruzoh live.jpg

名 前/maruzoh こと 熱田丸蔵
出没地/和光、富士宮、麹町 誕生日/9月7日 乙女座
好きなもの/こども、詩、絵、童話、小説、音楽、お酒、美味しいもの、犬、野球、寺、神社、花、ギター、家族
とても影響を受けた人/灰谷健次郎さん、鹿島和夫さん、ドン・カ・ジョンさん、かしわ哲さん、PANTAさん、ジャー・ウォブルさん、小澤征爾さん、帚木蓬生さん
maruzohより一言/運も、人も、夢だって、欲しがり過ぎると逃げてっちゃう。幸せは、み〜んな天下のマワリモノ。みんなで仲良く分け合おう♪