やさしい人に、そうでない人にも 
                         
                        あなたの心に、こころの言葉








【お勧めカテゴリー】

◆こころ王国「まりなさんと王様」  ジャズシンガーを目指すまりなさんが出会ったのは、自称ココロニア王国の国王でした。次第に解けてゆくココロニアの謎と共に、本当の優しさとあたたかさとは何かに気づいてゆくまりなさん。こころ王国物語の第1作です。

◆こころ王国2「王様と皇帝」  200X年5月。ココロニア王国を訪れたナポレオンそっくりの男は、自らを皇帝と名乗りました。皇帝とは何者?皇帝の真の狙いは何か?まだまだ知られていない王国の謎と、現代文明社会との闇とも言うべき組織との死闘。はらはらどきどきのこころ王国物語の第2話です。

◆ケンとチビと、そしてシロ  老いぼれ犬ケンに残された時間が少ないことを偶然知ってしまった生意気な飼い猫チビと、そこにふらりと現れた飄々とした野良猫シロ。犬と猫と猫の不思議な半年間が始まりました。大人に読んで欲しい憧話です。

◆ツノナシオニ  授業参観日に現れた転校生桃山太郎くんのお父さんは、なんと2メートルを超す長身に赤ら顔。そのお父さんの帽子が突風で飛ばされることによって巻き起こった大騒動。でも、それは、私たちにいろいろな問題を考え直させるきっかけでした。

◆割れ鍋に綴じ蓋 ―ワレナベニトジブタ―  若き日に画家を夢見ながら挫折し、現在は平凡な人生を送る中年の私、鈴木守45歳。そんな私が、ふとした切欠で自分探しの旅を始めることになるのですが、その旅とは天才的物理学者の発明した装置による過去と未来への時空と精神を超えた旅だったのです。

◆お取り寄せ救世主  マンションの集合ポストに不法投函された1枚のチラシ。その下品極まりない、品性を疑うほどの酷いチラシには、「無料相談 宅配救世主」と書かれていました。1枚のチラシ、1本の電話から始まる、欲と好奇心とその奥に秘められたやさしさの織り成す不思議な不思議な一夜の人間模様。

◆澤田節子作品集  平成21年6月8日に黒色腫で亡くなった僕の母が書き残してくれた小説、エッセイをご紹介させてください。ドラマチックな物語ではありません。どこにでもある日常のほんのふとした心の動きを、僕には書けない女性らしい目線で描いた作品たちです。

◆こどもたちの詩  まさに僕のこころの原点。童話を書こうと思った切欠が、こどもたちとの詩との出会いでした。痛いほどに眩しい感性。こどもは未完成の大人ではないと僕は思っています。

◆熱田丸蔵の歌  アコギ1本で弾き語りしてみようと思って鋭意努力中です。オリジナルを中心に歌っていきたいなと思っています。

◆YOU TUE ばあちゃんの子育て応援チャンネル  子育て中の方、これから子育てをする方に見ていただけたら嬉しいです。新米ママとパパにほんの少しでもお役にたてればと思い50うん歳にしてYou Tubeを始めてみました。毎月1日、15日に加えて時々増刊号も発信できたらと思っています。

2020年04月05日

お取り寄せ救世主 第7回 藁をも掴む救世主

kyuuseishu.bmp拙かった。全く私らしくもなかった。私は青年イヤミ君のその風貌と仕草に囚われ過ぎて、冷静さを失ってしまい、随分と感情的になってしまったようだ。夜10時過ぎのしんと静まり返ったマンションの廊下だったのである。私と彼は、チェーンの掛けられた半開きのドア越しに怒気を孕んだ声で説明を求めたり、あのあの・・ともじもじした末に情けなく言い訳したり、それに聞く耳持たずに頭ごなしに怒声を浴びせて(本文より)



お取り寄せ救世主 第7回 藁をも掴む救世主

 拙かった。全く私らしくもなかった。私は青年イヤミ君のその風貌と仕草に囚われ過ぎて、冷静さを失ってしまい、随分と感情的になってしまったようだ。
 夜10時過ぎのしんと静まり返ったマンションの廊下だったのである。私と彼は、チェーンの掛けられた半開きのドア越しに怒気を孕んだ声で説明を求めたり、あのあの・・ともじもじした末に情けなく言い訳したり、それに聞く耳持たずに頭ごなしに怒声を浴びせて凄んでみせたり、そして遂には、絶叫して嗚咽を漏らす等、甚だ至極、ご近所迷惑の限りを尽くしてしまったことに、遅ればせながら、私は、ようやく気がついたのだった。
 これ以上2人が、公的スペースで無意味な抗争を継続し、近隣の方々の怒りや恨みを更に増幅させるのは、決して得策とは言えないと判断した私は、チェーンを外すと、おいでおいでをして、彼を招き入れた。
「お、お邪魔します・・・」
 電話では、意味不明の丑の刻参りで妻に脅迫され、訪問すれば、その夫の私にいきなり恫喝されたにも拘らず、その情け無用の悪鬼の如き輩の占有する領域に、よくぞ言うがまま、素直に入ってくるものだと、私は感心を通り越して、呆れてしまったのだが、彼もよほど追い詰められた状況なのであろう。何かヒントらしきものを掴んだ気配のある私に、一縷の望みを託しているようだ。
 「溺れる者は、藁をも掴む」か。って、救世主ってのは、溺れちゃいかんだろうよ。
 彼の絶叫を聞きつけて、狭い廊下の奥、妻が、あれは恐らく、身を隠して、覗き見をしているつもりなのだろう、顔半分をキッチンの仕切りのピンクの暖簾に隠してこちらを見ているのだが、哀しいかな大きな腹と尻が、ほぼ全て露出している。
「君は、とりあえず、お茶でも飲んどけよ。少しは落ち着くだろう。僕は、ちょっと、出かけてくる。なあに、すぐに、ほんの5分ほどで戻るよ。たぶん、それで、君の謎が解けるはずだ。おい、民子。キューセーシュ君に、お茶、淹れてやってくれ」
 私は、妻に声を掛けてからサンダルを突っかけると、エレベーターを待つのももどかしく、階段を脱兎の如く駆け下りた。私には、既に凡その見当はついていた。確か4階に空きが出て、入居者募集の張り紙が出ていたはずで、だとすれば、2〜3日前に不法に投函されたというチラシが、1階玄関脇の集合ポストに突っ込まれたままになっていても、何ら不思議は無いのである。
 そう、あの妻が不用意に捨ててしまったというチラシさえ手に入れれば、青年イヤミ君の「救世主の悲劇」の説明がつくはずだ。
 1階の集合ポストの405には、果たして、不法投函のチラシが、春先の筍のように、実にもりもりと力強く突き出ていた。私は、それを根こそぎ引き抜くと、1枚1枚チェックを始めた。
 いやいやいや、それにしても凄い枚数である。フィットネスクラブに、学習塾、リサイクルショップに、美容院、外壁リフォームに、シロアリ駆除、中古マンションに健康食品。しかし、多いのは、やはり宅配系のチラシで、大手の宅配ピザ屋、宅配の寿司屋が数社、蕎麦屋の出前表も何軒かあったが、こうして1つずつチェックしてみると、宅配には、実に多種多様な商売が参入していることがわかった。
 朝採れの野菜や、卵なんかは美味しそうでいいなと思うし、最近流行っているCDやDVDのレンタルなんかも便利だとも思う。ただ、中には、こんなものまで、なぜ宅配するのかと、疑問視せざるを得ない商品までいくつか見受けられて、宅配納豆、宅配塩辛、宅配豆腐、宅配干物などは、まだ分かるが、宅配たわし、宅配便座カバー、宅配腐葉土などは、採算が取れるのだろうか?更に、宅配褌、宅配神棚、宅配日章旗に至っては、何を考えているのかと、他人事ながらに心配してしまう。
 私は、チラシを1枚1枚チェックしては、傍らの段ボール箱に廃棄しつつ、暫くの間、目的のチラシを探し続けていたが、ついに、ついに見つけた。
 ぺらぺらで黄色地の上質紙に片面赤1色の文字。いかにも下品で、チンケで、いかがわしくて、破廉恥で、こんなものに電話をした妻の精神構造を分析してみたいというくらい本当に酷いチラシ「無料相談 宅配救世主」を、私は、ようやっと手にしたのだった。

第8回「下品かつ知性の欠片もないチラシ」へつづく




☆ランキングにチャレンジ!☆
にほんブログ村さん、人気ブログランキングさんに挑戦中。「うふふ」とか「ほろっ」とか「なるほど」と感じたら、押してくださいね。

にほんブログ村 小説ブログ 小説家志望へ
にほんブログ村さんへ


人気ブログランキングさん 芸術・人文へ



posted by maruzoh at 17:52| Comment(0) | ◆お取り寄せ救世主 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


   【maruzoh's profile】
   maruzoh live.jpg

名 前/maruzoh こと 熱田丸蔵
出没地/和光、富士宮、麹町 誕生日/9月7日 乙女座
好きなもの/こども、詩、絵、童話、小説、音楽、お酒、美味しいもの、犬、野球、寺、神社、花、ギター、家族
とても影響を受けた人/灰谷健次郎さん、鹿島和夫さん、ドン・カ・ジョンさん、かしわ哲さん、PANTAさん、ジャー・ウォブルさん、小澤征爾さん、帚木蓬生さん
maruzohより一言/運も、人も、夢だって、欲しがり過ぎると逃げてっちゃう。幸せは、み〜んな天下のマワリモノ。みんなで仲良く分け合おう♪