やさしい人に、そうでない人にも 
                         
                        あなたの心に、こころの言葉








【お勧めカテゴリー】

◆こころ王国「まりなさんと王様」  ジャズシンガーを目指すまりなさんが出会ったのは、自称ココロニア王国の国王でした。次第に解けてゆくココロニアの謎と共に、本当の優しさとあたたかさとは何かに気づいてゆくまりなさん。こころ王国物語の第1作です。

◆こころ王国2「王様と皇帝」  200X年5月。ココロニア王国を訪れたナポレオンそっくりの男は、自らを皇帝と名乗りました。皇帝とは何者?皇帝の真の狙いは何か?まだまだ知られていない王国の謎と、現代文明社会との闇とも言うべき組織との死闘。はらはらどきどきのこころ王国物語の第2話です。

◆ケンとチビと、そしてシロ  老いぼれ犬ケンに残された時間が少ないことを偶然知ってしまった生意気な飼い猫チビと、そこにふらりと現れた飄々とした野良猫シロ。犬と猫と猫の不思議な半年間が始まりました。大人に読んで欲しい憧話です。

◆ツノナシオニ  授業参観日に現れた転校生桃山太郎くんのお父さんは、なんと2メートルを超す長身に赤ら顔。そのお父さんの帽子が突風で飛ばされることによって巻き起こった大騒動。でも、それは、私たちにいろいろな問題を考え直させるきっかけでした。

◆割れ鍋に綴じ蓋 ―ワレナベニトジブタ―  若き日に画家を夢見ながら挫折し、現在は平凡な人生を送る中年の私、鈴木守45歳。そんな私が、ふとした切欠で自分探しの旅を始めることになるのですが、その旅とは天才的物理学者の発明した装置による過去と未来への時空と精神を超えた旅だったのです。

◆お取り寄せ救世主  マンションの集合ポストに不法投函された1枚のチラシ。その下品極まりない、品性を疑うほどの酷いチラシには、「無料相談 宅配救世主」と書かれていました。1枚のチラシ、1本の電話から始まる、欲と好奇心とその奥に秘められたやさしさの織り成す不思議な不思議な一夜の人間模様。

◆澤田節子作品集  平成21年6月8日に黒色腫で亡くなった僕の母が書き残してくれた小説、エッセイをご紹介させてください。ドラマチックな物語ではありません。どこにでもある日常のほんのふとした心の動きを、僕には書けない女性らしい目線で描いた作品たちです。

◆こどもたちの詩  まさに僕のこころの原点。童話を書こうと思った切欠が、こどもたちとの詩との出会いでした。痛いほどに眩しい感性。こどもは未完成の大人ではないと僕は思っています。

◆熱田丸蔵の歌  アコギ1本で弾き語りしてみようと思って鋭意努力中です。オリジナルを中心に歌っていきたいなと思っています。

◆YOU TUE ばあちゃんの子育て応援チャンネル  子育て中の方、これから子育てをする方に見ていただけたら嬉しいです。新米ママとパパにほんの少しでもお役にたてればと思い50うん歳にしてYou Tubeを始めてみました。毎月1日、15日に加えて時々増刊号も発信できたらと思っています。

2020年03月08日

お取り寄せ救世主 第3回 魚眼レンズ越しのイヤミ

kyuuseishu.bmp 埼玉県、東武東上線坂戸駅から徒歩10分ちょっと。築18年、家賃7万6千円の2DK賃貸マンション、その302号室で、もう1度「ピィン ポォーン」と呼鈴が、いつもよりおよそ3割り増し程度の荘厳さで鳴り響く。「お、おい。また、ピィンポォーンって・・・」「神様、来たんじゃないの?そうよ。 きっとそうに違いないわ」「だって、もう10時を回ってるんだぞ。常識が無いにも、程があるだろ」(本文より)



お取り寄せ救世主 第3回  魚眼レンズ越しのイヤミ

 埼玉県、東武東上線坂戸駅から徒歩10分ちょっと。築18年、家賃7万6千円の2DK賃貸マンション、その302号室で、もう1度「ピィン ポォーン」と呼び鈴が、いつもよりおよそ3割り増し程度の荘厳さで鳴り響く。
「お、おい。また、ピィンポォーンって・・・」
「神様、来たんじゃないの?そうよ。 きっとそうに違いないわ」
「だって、もう10時を回ってるんだぞ。常識が無いにも、程があるだろ」
 そう、もう、かなり遅いのである。夫婦間の不毛な議論で晩飯の時間が長引いたこともあり、ダイニングキッチンの時計の針は、既に10時12分を指していた。アポなしの訪問、しかもそれが初対面だったとするならば、非常識この上ない時間帯と言わざるを得まい。
「でもね、きっと神様には、下世話な人間界のルールなんて、関係ないのよ。人間じゃないんだもの。そうよ、そうだわよっ。あたし、完全にわかったわ。あんたが言う通り、初対面でこんな時間に尋ねてくる、そんな非常識な人間なんて、まずいないわよ。でも、現実には、何者かが尋ねてきて、ピンポンしてる。じゃあ、ドアの向こうの人間じゃない生物は、何なの?野良犬、野良猫じゃないのは当たり前、でも、野良アライグマ、野良ハクビシン、ましてや野良ミシシッピーアカミミガメでもないわ。と、なれば、これはいったい誰よ?そう、神様よ、神様に違いないわ」
 つまり、こういう理屈なのである。こんな非常識な人間はいない=人間ではない何者か=神様。この実に妻らしい、自分勝手で短絡で飛躍しまくった三段論法は、ある意味、私の頭の芯を無性に揺さぶり、感動させた。私は、この螺子の飛んだような妻を心の底から愛しく思い、それと同時に、自分は彼女のブレーキ役たり得るべく、努めて冷静にならねばと、そう心に誓った。
「しかしだな、非常識極まりない人間かもしれないよ。もし、これが、神様で無く人間だったとしたら、犯罪を犯したり、人を騙したりするような輩かもしれんぞ。最近、またオレオレ詐欺とか、流行ってるんだからさ」
「何言ってるのよ。直接家までやってきて、ピンポンするオレオレ詐欺なんて、そんなの1度だって聞いたこと無いわよ。でも、あんたの言ってることも理解できない訳じゃないわ。あたしは、この通りか弱い女性だし、危険すぎるわ。あんた、ちょっと見てきてよ」
 妻は、でんと座って腰から下は全く動く気配さえなく、茶を啜ったまま、顎を玄関の方に杓り上げて見せた。
 わかってる。面倒なこと、と言うより、3度の飯の支度、片付け以外の面倒なことは、一事が万事、何から何まで、全てが、私の担当なんだ。
 私は、湯飲みを置いて席を立つと、ダイニングから玄関に続く狭くて短い廊下を妻の手前、無表情を気取って歩いていったのだが、その実、内心は、かなりの不安と動揺でゆりかごの様に揺れていた。
 妻の夢を壊したくなかったので、敢えて言わないでいたが、不法投函のチラシで救世主でございなんて言ってる輩は、どうせ、心霊商法のインチキ営業マンか、カルト教団の勧誘に相場は決まっている。チェーンは絶対開けずに、ちょっとでも怪しければ110番。質問なんてもっての外。興味を持った風に見せかけてもいけない。そういった意味では、妻が自ら玄関に行かなくて助かった。この場は、妻のものぐさに感謝しないと。
 さて、私はまず、玄関のドアに付いた丸い覗き穴から、ドアの向こう側の人物を覗くことにした。
「?」
 確かに妻が言った通り、
犬、猫、アライグマ、ハクビシン、ミシシッピーアカミミガメのいずれでもなく、私が想像した霊感商法の営業マンでもなさそうだった。
 そこにいたのは、Tシャツ姿の細身で長髪の男。覗き穴の魚眼レンズ越しに見ると、誰もが間抜け面に見えるものだが、この男の精彩を欠いた容貌というのは、どうだろう。
 日本人には間違いないのだが、しかし、見様によっては、まあ、イエス・キリストっぽい感じにも見えないこともない。
 でも、どこかで、会った気が・・・。何処でだろう?いつだろう?う〜ん、思い出せない。
「・・・・・・・・・」
 あっ、そうだ!会ったんじゃない、読んだんだ。漫画の登場人物だよ。イヤミだよ、イヤミっ。故赤塚不二夫先生のマンガで「シェー」ってやる、あのイヤミに似ているんだ。
 覇気のないオタク系の引っ込み思案なイエス・キリストみたいなイヤミが、今、ウチの玄関の向こうに、ただぼーっと立っている。

第4回「見た目は、とても大事」へつづく




☆ランキングにチャレンジ!☆
にほんブログ村さん、人気ブログランキングさんに挑戦中。「うふふ」とか「ほろっ」とか「なるほど」と感じたら、押してくださいね。

にほんブログ村 小説ブログ 小説家志望へ
にほんブログ村さんへ


人気ブログランキングさん 芸術・人文へ



posted by maruzoh at 17:13| Comment(0) | ◆お取り寄せ救世主 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


   【maruzoh's profile】
   maruzoh live.jpg

名 前/maruzoh こと 熱田丸蔵
出没地/和光、富士宮、麹町 誕生日/9月7日 乙女座
好きなもの/こども、詩、絵、童話、小説、音楽、お酒、美味しいもの、犬、野球、寺、神社、花、ギター、家族
とても影響を受けた人/灰谷健次郎さん、鹿島和夫さん、ドン・カ・ジョンさん、かしわ哲さん、PANTAさん、ジャー・ウォブルさん、小澤征爾さん、帚木蓬生さん
maruzohより一言/運も、人も、夢だって、欲しがり過ぎると逃げてっちゃう。幸せは、み〜んな天下のマワリモノ。みんなで仲良く分け合おう♪