やさしい人に、そうでない人にも 
                         
                        あなたの心に、こころの言葉








【お勧めカテゴリー】

◆こころ王国「まりなさんと王様」  ジャズシンガーを目指すまりなさんが出会ったのは、自称ココロニア王国の国王でした。次第に解けてゆくココロニアの謎と共に、本当の優しさとあたたかさとは何かに気づいてゆくまりなさん。こころ王国物語の第1作です。

◆こころ王国2「王様と皇帝」  200X年5月。ココロニア王国を訪れたナポレオンそっくりの男は、自らを皇帝と名乗りました。皇帝とは何者?皇帝の真の狙いは何か?まだまだ知られていない王国の謎と、現代文明社会との闇とも言うべき組織との死闘。はらはらどきどきのこころ王国物語の第2話です。

◆ケンとチビと、そしてシロ  老いぼれ犬ケンに残された時間が少ないことを偶然知ってしまった生意気な飼い猫チビと、そこにふらりと現れた飄々とした野良猫シロ。犬と猫と猫の不思議な半年間が始まりました。大人に読んで欲しい憧話です。

◆ツノナシオニ  授業参観日に現れた転校生桃山太郎くんのお父さんは、なんと2メートルを超す長身に赤ら顔。そのお父さんの帽子が突風で飛ばされることによって巻き起こった大騒動。でも、それは、私たちにいろいろな問題を考え直させるきっかけでした。

◆割れ鍋に綴じ蓋 ―ワレナベニトジブタ―  若き日に画家を夢見ながら挫折し、現在は平凡な人生を送る中年の私、鈴木守45歳。そんな私が、ふとした切欠で自分探しの旅を始めることになるのですが、その旅とは天才的物理学者の発明した装置による過去と未来への時空と精神を超えた旅だったのです。

◆お取り寄せ救世主  マンションの集合ポストに不法投函された1枚のチラシ。その下品極まりない、品性を疑うほどの酷いチラシには、「無料相談 宅配救世主」と書かれていました。1枚のチラシ、1本の電話から始まる、欲と好奇心とその奥に秘められたやさしさの織り成す不思議な不思議な一夜の人間模様。

◆澤田節子作品集  平成21年6月8日に黒色腫で亡くなった僕の母が書き残してくれた小説、エッセイをご紹介させてください。ドラマチックな物語ではありません。どこにでもある日常のほんのふとした心の動きを、僕には書けない女性らしい目線で描いた作品たちです。

◆こどもたちの詩  まさに僕のこころの原点。童話を書こうと思った切欠が、こどもたちとの詩との出会いでした。痛いほどに眩しい感性。こどもは未完成の大人ではないと僕は思っています。

◆熱田丸蔵の歌  アコギ1本で弾き語りしてみようと思って鋭意努力中です。オリジナルを中心に歌っていきたいなと思っています。

◆YOU TUE ばあちゃんの子育て応援チャンネル  子育て中の方、これから子育てをする方に見ていただけたら嬉しいです。新米ママとパパにほんの少しでもお役にたてればと思い50うん歳にしてYou Tubeを始めてみました。毎月1日、15日に加えて時々増刊号も発信できたらと思っています。

2020年02月16日

割れ鍋に綴じ蓋 ―ワレナベニトジブタ― 第17回 手紙 最終回

朝、旅立ち.bmp始まりはマンションの集合ポストに不法に投函されていた1枚のチラシ。「人生をやり直して見たい方へ」などという極めて如何わしい代物だった。そのチラシの池袋北口のヒューマンライフ・トラベル社に博士を訪れた私が、なけなしのへそくりと引き換えに「割れ鍋に綴じ蓋現象」、つまり、神と呼ぶべき存在を肯定せざるを得ないという事実を知ってから、もう、既に1ヶ月が過ぎようとしていた。(本文より)



割れ鍋に綴じ蓋  ―ワレナベニトジブタ― 
第17回 手紙


 始まりはマンションの集合ポストに不法に投函されていた1枚のチラシ。「人生をやり直して見たい方へ」などという極めて如何わしい代物だった。
 そのチラシの池袋北口のヒューマンライフ・トラベル社に博士を訪れた私が、なけなしのへそくりと引き換えに「割れ鍋に綴じ蓋現象」、つまり、神と呼ぶべき存在を肯定せざるを得ないという事実を知ってから、もう、既に1ヶ月が過ぎようとしていた。
 しかしながら、あの日を境に私が声を大にして神の存在を周囲にふれまわるなどということをするはずもなく、また、先回りした人生に挑戦すべくがらっと生き方を変えてしまおうなどと心に誓うこともなく、私は相変わらずそれまでと大差ない毎日を送っていた。
 ただし、私がそれまでと全く同じままかと言うと、それは少しばかり違っているようだ。最近の私には、どうしてだろう?ある種の余裕とも言うべきものが備わってきているのかもしれない。
 しかしそれは、自分が唯一無二の存在であるということから生まれる、驕りや傲慢、不遜と言った劣情とは背反する感情であり、むしろ、この世界を形成する極めて精密なピースであると言う自覚が、私の平坦に見える毎日に誇りを与えてくれている気がするのだ。
 それに、「割れ鍋に綴じ蓋」の話を聞いてから、知らず知らずのうちに女房に対する態度や言葉が、自分でも気がつかないうちに変わってきているのかもしれない。それとも、私の単なる気のせいなんだろうか?
 いやいや、そうではあるまい。実は、今日も女房に付き合わされて、私は川越サンロードに買い物に来ているのだが、以前の私なら生欠伸を繰り返していた買い物も、これがまた、この頃はちっとも苦痛ではなく、なぜか、むしろ楽しいくらいなのだ。
 こんな気持ちが、周りにも影響するんだろうか。最近の私は、実に女房に受けがいいのである。
「あっ、ちょっと待って、ポスト、ポスト。これ、手紙、出したいんだ」
 私は、先を急ぐ女房を少し待たせて、厚めの封筒を四つ角のポストに放り込んだ。
「また絵手紙の会?展示会近いんだったっけ?でも、今月は会合少ないわね」
 ドキリとする。相変わらず、勘、鋭いなぁ。
「いや、絵手紙じゃないよ。そう、ちょっと世話になった人にね」
 私は、自分でそう言っておきながら、「世話になった」という言い回しが可笑しくなってしまい、くすっと笑ってしまった。お客としてなけなしの金を払ったのは、私の方なのだ。
「なんか、怪しいわねぇ。世話になった人って、だあれ?」
「ふふふ。きっと恩人になるだろう人だな。でも、まだ今は、内緒」
 私がそう言って笑いながら歩き出すと「もぉ〜」と、女房がすねた風を装って追いかけてきた。


 拝啓
 過日は、大変お世話になりました。
まさに私にとって衝撃的な事実を知らされたあの日、私は半ば放心状態のまま帰路についてしまい、家に帰るまでのはっきりとした記憶すらないものですから、もしや、礼を欠くような振る舞いがあったのではないかと心苦しく思っております。あれからの1ヶ月を進みつ戻りつ過ごし、私もようやく冷静かつ客観的にあの日のことを考えることが出来る様になり、遅ればせながらこうして、筆を取らせていただきました。
 あの日の翌日。朝刊で和田先生が亡くなった事実と、和田先生と西条由紀さんが、いつしか結婚していた事実を知り、それにより自らが封印していた過去の事実が、仮に博士により知らされなかったとしても、極めて近い将来に運命的に知らされるということがわかりました。他のパラレルワールドとは、1日の時間的なずれはありましたが、1日という単位など連綿と紡がれて来た歴史の中では、容易に修正し得る微小な誤差の範囲内なのでしょう。それはきっと、我々人類にとって8千メートル級の高山や1万メートルを超える海溝を持つ広大な地球ですら、宇宙的な規模で見たならば極々微小な球体にしか見えないのと一緒なのでしょうね。
 しかし、私にとっての驚きはそういった宇宙規模の問題だけではありませんでした。いえ、むしろ、それ以降に私に襲ってきた内面的な感覚こそが、まさしく真の発見でした。発見、そう発見なのです。この頃の私には、封印するほどに忌み嫌ったはずの過去が、私をほんの少しずつですが、なぜか前進させてくれているように感じるのです。なぜでしょう?その力が、なんであるのか。1ヶ月を経て、最近、私はようやくわかってきた気がします。
 人間に限らず生き物は、全て子供から大人になっていきます。しかしそれは、肉体的な成長とは異なるものなのです。年齢や肉体の成熟には関係なく、本当の大人になる瞬間と言うのは、今回のように目を背けたい事実を正視する、正視できる、そんな時なのではないでしょうか。いつしか誰にでも、好むと好まざると、正視せざるを得ない場面が訪れるのです。つまり、由紀さんと和田先生のことを思い出すあの瞬間まで、無意識のうちに過去を引きずって逃げてばかりだった私は、体の大きな年取った子供だったのではないかとさえ思ってしまうのです。
 更に私は考えました。「割れ鍋に綴じ蓋現象」を知って以来、生命として存在しているものの全てが、存在理由があると思えてきたのです。野に咲く花にも、それに群がる蝶にも、それを見つめる私にも。そして勿論、その綴じ蓋である妻にも。生命のバトンを受け渡す全ての1輪1輪、1匹1匹、1人1人が、特別な存在に見えるのです。そう、それこそが我々のプライドたるべき魂なのです。我々、この連綿と紡がれてきた、ただ1通りしかない組合せのDNAの中では、たった1つの小さなピースであったとしても、欠くことのできない、唯一無二のピース、存在であるはずなのです。
 私は博士と出会い、色々なことを教えていただき、色々なことを気づかせていただきました。もし出来ることであれば、女房と2人で何十年か先、満足した人生が送れたと実感したならば、過去のアルバムを紐解くように、博士の発明されたあの機械を「素晴らしい思い出を覗く鏡」として、笑顔の中で利用できればと思っております。
本当に、ありがとうございました。

                                        敬具


「意地悪ね、ねえ、教えてよ」
「うん、そう、いつか近い将来にね」
「きっとよ」
 さりげなく私の右腕に、女房の左腕がするりと滑り込んできた。おいおい、突然なんだよ。もうお互い40半ば同士だぞ。知ってる人に会ったら、恥ずかしいじゃないか・・・
 でも、腕を組んで歩くなんて、何年ぶりかなぁ。うん、恥ずかしいけれど、不思議と、ちっとも悪い気はしない。

                                        《おわり》




☆ランキングにチャレンジ!☆
にほんブログ村さん、人気ブログランキングさんに挑戦中。「うふふ」とか「ほろっ」とか「なるほど」と感じたら、押してくださいね。

にほんブログ村 小説ブログ 小説家志望へ
にほんブログ村さんへ


人気ブログランキングさん 芸術・人文へ





posted by maruzoh at 11:05| Comment(0) | ◆割れ鍋に綴じ蓋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


   【maruzoh's profile】
   maruzoh live.jpg

名 前/maruzoh こと 熱田丸蔵
出没地/和光、富士宮、麹町 誕生日/9月7日 乙女座
好きなもの/こども、詩、絵、童話、小説、音楽、お酒、美味しいもの、犬、野球、寺、神社、花、ギター、家族
とても影響を受けた人/灰谷健次郎さん、鹿島和夫さん、ドン・カ・ジョンさん、かしわ哲さん、PANTAさん、ジャー・ウォブルさん、小澤征爾さん、帚木蓬生さん
maruzohより一言/運も、人も、夢だって、欲しがり過ぎると逃げてっちゃう。幸せは、み〜んな天下のマワリモノ。みんなで仲良く分け合おう♪


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。