やさしい人に、そうでない人にも 
                         
                        あなたの心に、こころの言葉








【お勧めカテゴリー】

◆こころ王国「まりなさんと王様」  ジャズシンガーを目指すまりなさんが出会ったのは、自称ココロニア王国の国王でした。次第に解けてゆくココロニアの謎と共に、本当の優しさとあたたかさとは何かに気づいてゆくまりなさん。こころ王国物語の第1作です。

◆こころ王国2「王様と皇帝」  200X年5月。ココロニア王国を訪れたナポレオンそっくりの男は、自らを皇帝と名乗りました。皇帝とは何者?皇帝の真の狙いは何か?まだまだ知られていない王国の謎と、現代文明社会との闇とも言うべき組織との死闘。はらはらどきどきのこころ王国物語の第2話です。

◆ケンとチビと、そしてシロ  老いぼれ犬ケンに残された時間が少ないことを偶然知ってしまった生意気な飼い猫チビと、そこにふらりと現れた飄々とした野良猫シロ。犬と猫と猫の不思議な半年間が始まりました。大人に読んで欲しい憧話です。

◆ツノナシオニ  授業参観日に現れた転校生桃山太郎くんのお父さんは、なんと2メートルを超す長身に赤ら顔。そのお父さんの帽子が突風で飛ばされることによって巻き起こった大騒動。でも、それは、私たちにいろいろな問題を考え直させるきっかけでした。

◆割れ鍋に綴じ蓋 ―ワレナベニトジブタ―  若き日に画家を夢見ながら挫折し、現在は平凡な人生を送る中年の私、鈴木守45歳。そんな私が、ふとした切欠で自分探しの旅を始めることになるのですが、その旅とは天才的物理学者の発明した装置による過去と未来への時空と精神を超えた旅だったのです。

◆お取り寄せ救世主  マンションの集合ポストに不法投函された1枚のチラシ。その下品極まりない、品性を疑うほどの酷いチラシには、「無料相談 宅配救世主」と書かれていました。1枚のチラシ、1本の電話から始まる、欲と好奇心とその奥に秘められたやさしさの織り成す不思議な不思議な一夜の人間模様。

◆澤田節子作品集  平成21年6月8日に黒色腫で亡くなった僕の母が書き残してくれた小説、エッセイをご紹介させてください。ドラマチックな物語ではありません。どこにでもある日常のほんのふとした心の動きを、僕には書けない女性らしい目線で描いた作品たちです。

◆こどもたちの詩  まさに僕のこころの原点。童話を書こうと思った切欠が、こどもたちとの詩との出会いでした。痛いほどに眩しい感性。こどもは未完成の大人ではないと僕は思っています。

◆熱田丸蔵の歌  アコギ1本で弾き語りしてみようと思って鋭意努力中です。オリジナルを中心に歌っていきたいなと思っています。

◆YOU TUE ばあちゃんの子育て応援チャンネル  子育て中の方、これから子育てをする方に見ていただけたら嬉しいです。新米ママとパパにほんの少しでもお役にたてればと思い50うん歳にしてYou Tubeを始めてみました。毎月1日、15日に加えて時々増刊号も発信できたらと思っています。

2020年02月02日

割れ鍋に綴じ蓋 ―ワレナベニトジブタ― 第15回  リンクする無数の私

朝、旅立ち.bmp私は、半ば放心していた。博士の説明は実にわかりやすく思えたが、その実、内容を反芻してみると、もっともっと深い事実や仮説が頭の中、次から次に浮かび上がってきて、とんでもないことを知ってしまったものだと今更ながらに恐ろしくなってくる。私はただあの時の家出が成功していたらと、純粋にそう思っただけだったのだ。そう、そうなんだ。あの時の私は、私のもうひとつの人生を、ほんの、ほんの興味本位で、単純に見たかっただけだったんだ。(本文より)



割れ鍋に綴じ蓋  ―ワレナベニトジブタ― 
第15回 リンクする無数の私


 私は、半ば放心していた。
 博士の説明は実にわかりやすく思えたが、その実、内容を反芻してみると、もっともっと深い事実や仮説が頭の中、次から次に浮かび上がってきて、とんでもないことを知ってしまったものだと今更ながらに恐ろしくなってくる。
 私はただあの時の家出が成功していたらと、純粋にそう思っただけだったのだ。そう、そうなんだ。あの時の私は、私のもうひとつの人生を、ほんの、ほんの興味本位で、単純に見たかっただけだったんだ。
 それが、どうして。こんな一小市民の私ごときが、神々の支配するような領域の話を聞かされる羽目になってしまったんだろう。
 私がこの話を聞いたところで、いったい私の何が変わると言うのだ。私には神の意思に抗う何の手段もないし、博士の言うとおりであれば、ここでこの話を聞くことは、私の一生の中では既に予定の行動だったはずだ。となれば、きっと私はこれからも、今までどおりに粛々と日常を繰り返すのみ。それ以外の選択肢など、どこにあると言うのだ。
「あっ!そうだ!」
 その時、私はモニター画面のことを思い出した。「割れ鍋に綴じ蓋現象」の話に夢中になってしまい、私はすっかり分割されたモニター画面左上の1人、自分の過去を知らない私のことを失念していた。
 そうなのだ。彼というか、もう1人のあの私だけは、博士とは何の面識もないわけだから、自分の過去を知らないばかりでなく、当然、「割れ鍋に綴じ蓋現象」の話なぞ知る由もないはずだ。彼がどんな行動をとっているかを追って見れば・・・。
 私の思いを見透かしたように博士が柔らかな笑顔で私に語りかけた。
「あれからかなりの間、あなたが呆然としていたものですから、モニターの画面はもう既に数日を経過してしまいました。
 ほら、御覧になってください。見難いでしょうが、そこにある99のモニターは、ついさっきまでのあなたと私ですよ。つまり、これからしばらく経つと、モニター画面は、未来を映し出します。左上の別行動の1人も含めてね・・・」
「み、未来を・・・」
 未来を映す。私は、唾をごくりと飲み込んだ。こどもの頃夢中になって読んだSF小説のタイムマシンが、多少形を変えて目の前で実演されるのだ。
「あまりにも小さすぎるので、元の16分割に戻しましょう。もちろん、左上の画面はそのままです」
 そう言うと博士は再びキーボードを軽やかに打ち、それに呼応してそれぞれの分割された画面が大きく映し出された。
「実は、この画面に戻したのには理由があります。画面のあなたの細かい表情の違いに注目して頂きたいのです。多少枝分かれをしてしまった1人と残りの15人は、ある事実をきっかけに再びリンクします。そこがポイントです、注目してください」
 緊張の中、モニター上で更に数時間が過ぎ、今、外を照らしているあの太陽が夜を潜り抜けて、再び地平を照らし始めた。明日の朝である。
 16人の私は、食卓で皆同じようにトーストを食べている。妻が新聞を持ってきてくれた。「ありがとう」と私はそれを受け取る。
 左上の私は、いつもどおりに「天声人語」から読み始めたが、他の15人は硬い表情のまま社会面を真っ先に開いた。
 暫くお目当ての記事を探す私だったが、何かを見つけたのだろう、15人の私の眼がかっと見開かれた。むさぼるように新聞記事を繰り返し読んでいた私の眼が、大きな吐息と一緒にゆっくりと閉じられていった。それはまるで、全てを理解したという表情だった。
 一方、左上の私は、コーヒーを口にしながら社会面を見ていたが、突然「あっ!」と大声を発したかと思うと、新聞記事を食い入るように読み始めた。
「さあ、ここです」
「な、何かが、何か私に関連のある記事が、書かれていたんですね?」
 左上の私のショックは、他の15人のそれとは明らかに違った。私の思い入れや先入観が、多少はあったのかもしれないが、そこには、凄まじいほどの衝撃の後、それを受け止めて、乗り越えようとする私がいたのだった。
 しかし、それにしても、この記事は何なのであろうか。私にはそれが、気になって仕方がない。私の顔にそう書かれていたのだろう。博士が私に言った。
「残念ながらこの角度では、記事の内容までは確認はできません。やれば出来ないことはありませんが、私がこれ以上あなたの未来のプライバシーを探るのもどうかと思うんです。
どうでしょう?15人のあなたと同じように、続きは、あなたご自身で明日の朝刊を読んでいただくというのは・・・」

第16回「朝刊の事実と真実」へつづく




☆ランキングにチャレンジ!☆
にほんブログ村さん、人気ブログランキングさんに挑戦中。「うふふ」とか「ほろっ」とか「なるほど」と感じたら、押してくださいね。

にほんブログ村 小説ブログ 小説家志望へ
にほんブログ村さんへ


人気ブログランキングさん 芸術・人文へ



posted by maruzoh at 16:05| Comment(0) | ◆割れ鍋に綴じ蓋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


   【maruzoh's profile】
   maruzoh live.jpg

名 前/maruzoh こと 熱田丸蔵
出没地/和光、富士宮、麹町 誕生日/9月7日 乙女座
好きなもの/こども、詩、絵、童話、小説、音楽、お酒、美味しいもの、犬、野球、寺、神社、花、ギター、家族
とても影響を受けた人/灰谷健次郎さん、鹿島和夫さん、ドン・カ・ジョンさん、かしわ哲さん、PANTAさん、ジャー・ウォブルさん、小澤征爾さん、帚木蓬生さん
maruzohより一言/運も、人も、夢だって、欲しがり過ぎると逃げてっちゃう。幸せは、み〜んな天下のマワリモノ。みんなで仲良く分け合おう♪