やさしい人に、そうでない人にも 
                         
                        あなたの心に、こころの言葉








【お勧めカテゴリー】

◆こころ王国「まりなさんと王様」  ジャズシンガーを目指すまりなさんが出会ったのは、自称ココロニア王国の国王でした。次第に解けてゆくココロニアの謎と共に、本当の優しさとあたたかさとは何かに気づいてゆくまりなさん。こころ王国物語の第1作です。

◆こころ王国2「王様と皇帝」  200X年5月。ココロニア王国を訪れたナポレオンそっくりの男は、自らを皇帝と名乗りました。皇帝とは何者?皇帝の真の狙いは何か?まだまだ知られていない王国の謎と、現代文明社会との闇とも言うべき組織との死闘。はらはらどきどきのこころ王国物語の第2話です。

◆ケンとチビと、そしてシロ  老いぼれ犬ケンに残された時間が少ないことを偶然知ってしまった生意気な飼い猫チビと、そこにふらりと現れた飄々とした野良猫シロ。犬と猫と猫の不思議な半年間が始まりました。大人に読んで欲しい憧話です。

◆ツノナシオニ  授業参観日に現れた転校生桃山太郎くんのお父さんは、なんと2メートルを超す長身に赤ら顔。そのお父さんの帽子が突風で飛ばされることによって巻き起こった大騒動。でも、それは、私たちにいろいろな問題を考え直させるきっかけでした。

◆割れ鍋に綴じ蓋 ―ワレナベニトジブタ―  若き日に画家を夢見ながら挫折し、現在は平凡な人生を送る中年の私、鈴木守45歳。そんな私が、ふとした切欠で自分探しの旅を始めることになるのですが、その旅とは天才的物理学者の発明した装置による過去と未来への時空と精神を超えた旅だったのです。

◆お取り寄せ救世主  マンションの集合ポストに不法投函された1枚のチラシ。その下品極まりない、品性を疑うほどの酷いチラシには、「無料相談 宅配救世主」と書かれていました。1枚のチラシ、1本の電話から始まる、欲と好奇心とその奥に秘められたやさしさの織り成す不思議な不思議な一夜の人間模様。

◆澤田節子作品集  平成21年6月8日に黒色腫で亡くなった僕の母が書き残してくれた小説、エッセイをご紹介させてください。ドラマチックな物語ではありません。どこにでもある日常のほんのふとした心の動きを、僕には書けない女性らしい目線で描いた作品たちです。

◆こどもたちの詩  まさに僕のこころの原点。童話を書こうと思った切欠が、こどもたちとの詩との出会いでした。痛いほどに眩しい感性。こどもは未完成の大人ではないと僕は思っています。

◆熱田丸蔵の歌  アコギ1本で弾き語りしてみようと思って鋭意努力中です。オリジナルを中心に歌っていきたいなと思っています。

◆YOU TUE ばあちゃんの子育て応援チャンネル  子育て中の方、これから子育てをする方に見ていただけたら嬉しいです。新米ママとパパにほんの少しでもお役にたてればと思い50うん歳にしてYou Tubeを始めてみました。毎月1日、15日に加えて時々増刊号も発信できたらと思っています。

2019年06月23日

ツノナシオニ 第14回 謝罪

ツノナシオニ.bmp「も、桃山君のお父さん・・・」振り返った先生が、お父さんに気づいた。お父さんはこっくりとうなずくと、先生の手を静かに解き放して、こう言った。「先生、私たち親子のことで、これ以上先生を苦しめるわけにはいきません。そう思って見ていたら、勝手に体が動いてしまいました。でしゃばった真似かも知れませんが・・・」とってもやさしい、亡くなったお母さんのことを僕に話してくれる時と同じお父さんの声だった。(本文より)



ツノナシオニ 第14回 謝罪

「も、桃山君のお父さん・・・」
 振り返った先生が、お父さんに気づいた。お父さんはこっくりとうなずくと、先生の手を静かに解き放して、こう言った。
「先生、私たち親子のことで、これ以上先生を苦しめるわけにはいきません。そう思って見ていたら、勝手に体が動いてしまいました。でしゃばった真似かも知れませんが・・・」
 とってもやさしい、亡くなったお母さんのことを僕に話してくれる時と同じお父さんの声だった。
 周りの大人たちの中から
「桃山君のお父さんですって?」
「私たち親子・・・」
 そんな言葉が、聞こえたと思った次の瞬間、
「ひっ、オ、オニッ!」
 みんなが引きつった顔でいっせいに後退りをしたものだから、先生とお父さんを取り囲んだ輪の大きさがいっぺんに倍に広がってしまった。
 トカゲ眼鏡はと言うと、へなへなとその場に腰砕けにしゃがみこんでしまって、全くだらしないったらない。さっきまでの偉そうな態度はどこへやら、青白い顔をしたまんまお父さんを指差して、口を開けっ放しにしてる。
 そんな周りの大人たちを気にかける風もなく、先生はお父さんの方に向き直った。
 先生は、目を真っ赤にさせて、両膝と両手をついて、頭(こうべ)を、垂れた。
「桃山さん。ほ、本当に、昨日は、申し訳ありませんでした。あの時、私がきちんとした対応さえできていたら。教師として、いえ、人として接することできなかったが為に太郎君を、太郎君を、どれだけ、き、傷つけてしまったことでしょう。
 本来なら、昨日のうちに私から出向いてお詫びをすべきだったのですが、学校からの聴取やら何やらで、それも叶いませんでした。今朝は今朝で、出掛けでこんなことに・・・」
「西原先生」
 お父さんは、そう言うと先生の両肩を大きな両手で包み込むようにして立たせると、うなだれてまた泣き始めてしまった先生の背中をポンポンとやさしく叩いた。
「先生、太郎は、幸せ者でした。わずかな期間とは言え、こんな先生に受け持ってもらえて、本当に幸せ者でしたよ。太郎からの手紙でも、先生のことがたくさん書いてありました。クラスになかなか馴染めない太郎を一生懸命応援してくれたって」
 先生が、涙まみれの顔を上げた。
「桃山さん。こんな僕を、あなたは許してくれるんですか?」
 許すって、違うよ先生。だって先生は、何も悪いことなんてしてないじゃないか。僕はそう思ったんだけど、それは、お父さんも同じ思いみたいだ。
「許すも許さないもありませんよ。昨日の先生は、突然の思いがけない事態にただ驚いて、生徒さんを守ろうとしただけじゃないですか」
 涙を拭った先生が、お父さんと握手をした時、鬼が島を出る前の晩、お父さんに言われた言葉を、僕は思い出していた。あの時お父さんは、僕にこう言ってくれたんだ。
「いいかい太郎、よく覚えておくんだよ。私たちオニは人を怖がっているけれど、でも、人だってオニを怖がっているんだよ。実は、お互いに怖がりあっているらしいんだ。
 なぜだと思う?それは、たぶん、お互い似てはいるけれど、ほんの少しだけ自分たちと違うからだと、お父さんはそう思うんだ。オニも、人も、自分にあるものがなかったり、自分にないものがあったりすると、違和感・・、物足りなさや、余計な、普通とは違う感じを受ける。お前がオニの仲間の中でいじめられるのも、あって当たり前だと思われているツノがなかなか生えてこないからだろう?
 でもね、私たちオニや人は、この世界に生きるものとして、もう1歩先に進まなければならないんじゃないかな。太郎、お父さんは思うんだ。お前は、オニの世界ではツノナシオニと呼ばれているけど、ツノナシオニのお前だからこそできる、いや、ツノナシオニのお前にしかできないことが、きっとあるはずなんだよ。それをこの転校で、探しておいで」

第15回「再会」へつづく




☆ランキングにチャレンジ!☆
にほんブログ村さん、人気ブログランキングさんに挑戦中。「うふふ」とか「ほろっ」とか「なるほど」と感じたら、押してくださいね。

にほんブログ村 小説ブログ 小説家志望へ
にほんブログ村さんへ


人気ブログランキングさん 芸術・人文へ



posted by maruzoh at 09:30| Comment(0) | ◆ツノナシオニ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


   【maruzoh's profile】
   maruzoh live.jpg

名 前/maruzoh こと 熱田丸蔵
出没地/和光、富士宮、麹町 誕生日/9月7日 乙女座
好きなもの/こども、詩、絵、童話、小説、音楽、お酒、美味しいもの、犬、野球、寺、神社、花、ギター、家族
とても影響を受けた人/灰谷健次郎さん、鹿島和夫さん、ドン・カ・ジョンさん、かしわ哲さん、PANTAさん、ジャー・ウォブルさん、小澤征爾さん、帚木蓬生さん
maruzohより一言/運も、人も、夢だって、欲しがり過ぎると逃げてっちゃう。幸せは、み〜んな天下のマワリモノ。みんなで仲良く分け合おう♪