やさしい人に、そうでない人にも 
                         
                        あなたの心に、こころの言葉








【お勧めカテゴリー】

◆こころ王国「まりなさんと王様」  ジャズシンガーを目指すまりなさんが出会ったのは、自称ココロニア王国の国王でした。次第に解けてゆくココロニアの謎と共に、本当の優しさとあたたかさとは何かに気づいてゆくまりなさん。こころ王国物語の第1作です。

◆こころ王国2「王様と皇帝」  200X年5月。ココロニア王国を訪れたナポレオンそっくりの男は、自らを皇帝と名乗りました。皇帝とは何者?皇帝の真の狙いは何か?まだまだ知られていない王国の謎と、現代文明社会との闇とも言うべき組織との死闘。はらはらどきどきのこころ王国物語の第2話です。

◆ケンとチビと、そしてシロ  老いぼれ犬ケンに残された時間が少ないことを偶然知ってしまった生意気な飼い猫チビと、そこにふらりと現れた飄々とした野良猫シロ。犬と猫と猫の不思議な半年間が始まりました。大人に読んで欲しい憧話です。

◆ツノナシオニ  授業参観日に現れた転校生桃山太郎くんのお父さんは、なんと2メートルを超す長身に赤ら顔。そのお父さんの帽子が突風で飛ばされることによって巻き起こった大騒動。でも、それは、私たちにいろいろな問題を考え直させるきっかけでした。

◆割れ鍋に綴じ蓋 ―ワレナベニトジブタ―  若き日に画家を夢見ながら挫折し、現在は平凡な人生を送る中年の私、鈴木守45歳。そんな私が、ふとした切欠で自分探しの旅を始めることになるのですが、その旅とは天才的物理学者の発明した装置による過去と未来への時空と精神を超えた旅だったのです。

◆お取り寄せ救世主  マンションの集合ポストに不法投函された1枚のチラシ。その下品極まりない、品性を疑うほどの酷いチラシには、「無料相談 宅配救世主」と書かれていました。1枚のチラシ、1本の電話から始まる、欲と好奇心とその奥に秘められたやさしさの織り成す不思議な不思議な一夜の人間模様。

◆澤田節子作品集  平成21年6月8日に黒色腫で亡くなった僕の母が書き残してくれた小説、エッセイをご紹介させてください。ドラマチックな物語ではありません。どこにでもある日常のほんのふとした心の動きを、僕には書けない女性らしい目線で描いた作品たちです。

◆こどもたちの詩  まさに僕のこころの原点。童話を書こうと思った切欠が、こどもたちとの詩との出会いでした。痛いほどに眩しい感性。こどもは未完成の大人ではないと僕は思っています。

◆熱田丸蔵の歌  アコギ1本で弾き語りしてみようと思って鋭意努力中です。オリジナルを中心に歌っていきたいなと思っています。

◆YOU TUE ばあちゃんの子育て応援チャンネル  子育て中の方、これから子育てをする方に見ていただけたら嬉しいです。新米ママとパパにほんの少しでもお役にたてればと思い50うん歳にしてYou Tubeを始めてみました。毎月1日、15日に加えて時々増刊号も発信できたらと思っています。

2019年05月05日

ツノナシオニ 第7回 団欒

ツノナシオニ.bmp僕はその日、教室にはもう戻らなかった。お父さんと僕は2人で、おじいちゃんの家まで手をつないで帰った。おじいちゃんは、僕ら2人を見るなり「やっぱり、こうなっちまったか」と、一言だけ、さびしそうにに言ったけれど、それ以上は何も聞かずに、「とんでもない大飯食らいがやってきたんだ。今日の食事は、大変じゃぞぉ」と、おどけて言うと買い物籠を手にした。(本文より)



ツノナシオニ 第7回 団欒

 僕はその日、教室にはもう戻らなかった。お父さんと僕は2人で、おじいちゃんの家まで手をつないで帰った。
 おじいちゃんは、僕ら2人を見るなり「やっぱり、こうなっちまったか」と、一言だけ、さびしそうにに言ったけれど、それ以上は何も聞かずに、
「とんでもない大飯食らいがやってきたんだ。今日の食事は、大変じゃぞぉ」
 と、おどけて言うと買い物籠を手にした。
 涙をこらえてへんてこな顔で笑うおじいちゃんを見て笑った僕の顔も、きっとへんてこだったに違いない。
 お父さんはと言うと、あの大きな体を小さくして、なんとか座布団の上に収まろうとしながら「すみません」とか「気を使わないでください」とかを何回も何回も頭を下げながら繰り返していた。
 おじいちゃんが買い物に出かけて僕らは二人きりになったけれど、お父さんは相変わらず、窮屈そうな格好でハンカチで汗をぬぐいながら卓袱台の湯呑みを見つめている。
「お父さん、足崩したらどう。見ている僕の足の方が、痺れてきちゃうよ」
 何度も僕がそう言うんだけれど、お父さんはずっとそのままでいた。
 何から何まで世話になっているおじいちゃんに、申し訳が立たないんだそうだ。実は、あのおじいちゃんは、僕の本当のおじいちゃんじゃないんだ。それはそうだよね、人間のおじいちゃんから、オニのお父さんや僕が生まれてくるはずないもの。
 おじいちゃんは元漁師さんだったそうで、おじいちゃんがまだまだ若かった頃、おじいちゃんたちの乗っていた魚船が突然の嵐で難破してしまったんだ。大怪我をしたままたった1人で漂流したおじいちゃんは、僕らの住む「鬼が島」に運良く流れ着いたんだそうだ。そのおじいちゃんを最初に発見したのが、その頃はまだ子どもだったお父さんだったんだ。
 鬼が島の住民たちは、一生懸命ひん死のおじいちゃんを介抱して、その甲斐あって元気になったおじちゃんは、1年後には無事に奥さんのところへ帰れたんだって。
 おじいちゃんとお父さんたちは、それからの長い付き合いで、おじいちゃんは、僕たちオニがつきあいをしている数少ない人間の1人というわけ。もちろん、鬼が島のことは、絶対の絶対に秘密に決まってる。
 今回の僕の転校だって、お父さんが「世間を広める為に」って、おじいちゃんに頼み込んで実現したんだ。だから、僕は学校では、おじいちゃんの姓を名乗って「桃山太郎」なんだ。オニのぼくが、桃太郎みたいだってお父さんは笑ったけれど。
 その日のお昼ご飯は、びっくりするくらい盛大だった。すき焼きに、天ぷら、お寿司に鰻、ケーキやチョコレートだって卓袱台からあふれていた。
 僕はご馳走に囲まれて、遠足や給食や先生のこと、この2ヶ月間の学校での出来事をお父さんにいろいろと聞かせてあげた。飼育係になったんだけど、ウサギがどうしても怖くって大失敗しちゃった話なんか、お父さんも、おじいちゃんも膝をたたいて笑っていた。
 楽しかった。本当に、楽しい午後だった。窓の外が暗くなって自分の部屋に戻るまで、ずっとずっと茶の間の僕たちの笑いが絶えることはなかった。
 でも、ここにいる3人が3人とも、ここに盛大なご馳走が並んでいる意味や、おじいちゃんがいつもよりはしゃいだり、お父さんが笑い話みたいにさっきのクラスでのことを話す理由を、みんながわかっていた。
 ごちそう様を言った後、お父さんは、僕の顔を覗きこんでまた「太郎、ごめんな」と言った。僕は、「お父さんのせいじゃないよ」とだけ、応えた。

第8回「代休」へつづく




☆ランキングにチャレンジ!☆
にほんブログ村さん、人気ブログランキングさんに挑戦中。「うふふ」とか「ほろっ」とか「なるほど」と感じたら、押してくださいね。

にほんブログ村 小説ブログ 小説家志望へ
にほんブログ村さんへ


人気ブログランキングさん 芸術・人文へ



posted by maruzoh at 10:43| Comment(0) | ◆ツノナシオニ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


   【maruzoh's profile】
   maruzoh live.jpg

名 前/maruzoh こと 熱田丸蔵
出没地/和光、富士宮、麹町 誕生日/9月7日 乙女座
好きなもの/こども、詩、絵、童話、小説、音楽、お酒、美味しいもの、犬、野球、寺、神社、花、ギター、家族
とても影響を受けた人/灰谷健次郎さん、鹿島和夫さん、ドン・カ・ジョンさん、かしわ哲さん、PANTAさん、ジャー・ウォブルさん、小澤征爾さん、帚木蓬生さん
maruzohより一言/運も、人も、夢だって、欲しがり過ぎると逃げてっちゃう。幸せは、み〜んな天下のマワリモノ。みんなで仲良く分け合おう♪