やさしい人に、そうでない人にも。
                          あなたの心に、こころの言葉。









【INDEX】 maruzohの作品本棚ブログ「こころのあのへん」に一部リンクしています。
◆熱田丸蔵の長編小説や長編憧話 ――毛色の違った8作品をどうぞ――
◆熱田丸蔵 ア・ラ・カルト ――掌編、詩、曲、絵。僕の欠片を拾い集めました――
◆澤田節子作品集 ――亡くなった母の紡いだエッセイと小説たち――
◆こどもたちの詩 ――まさに僕のこころの原点です――
◆バリアフリー・ギャラリー ――感性の輝きには、垣根なんかありません――
◆熱田丸蔵の昼御飯 ――今はダイエット中。原則禁ラーメンですが…――
◆熱田丸蔵の旅 ――1人旅、2人旅。いろんなところで恥、掻き捨てました。――
◆熱田丸蔵カメラ ――テクニック欠片もなし、感性のみで勝負!――
◆トイプー大好きココ三昧♪ ――愛犬COCOちゃんと一緒――
◆熱田丸蔵のお寺と神社・史跡巡り ――地元和光市周辺のことをもっと知りたくて始めました。――
◆熱田丸蔵植物図鑑 ――草花は大好きだけど、名前とか全然知りませんでした。――

2016年11月17日

【熱田丸蔵植物図鑑】レモンマリーゴールド

DSC_1577.jpgレモンマリーゴールド
科名 キク科
学名 Tagetes lemmonii
別名 レモニー
原産地 南部アメリカ〜メキシコ北部
草丈 30〜150センチ
主な開花期 6〜11月



【熱田丸蔵植物図鑑】レモンマリーゴールド


《Wikipediaマリーゴールドより》
 マリーゴールド(英語: marigold、学名:Tagetes)は、キク科コウオウソウ属(マンジュギク属)のうち、草花として栽培される植物の総称。また、花の色や形がよく似ていて、葉にトマトのへたのような青臭いにおいのあるキンセンカ(ポットマリーゴールド)を指すことがある。意は「聖母マリアの黄金の花」。花言葉は「信頼」、「悲しみ」、「嫉妬」、「勇者」、「悪を挫く」、「生命の輝き」、「変わらぬ愛」、「濃厚な愛情」。
 この項では、コウオウソウ属について説明する。

属名の由来
 エトルリアの神ターゲス(en:Tages)の名前から。

性状
 アメリカ大陸の熱帯と温帯にかけて約50種が分布し、ほかにアフリカに1種ある。園芸種として栽培されるものには、フレンチやアフリカンを冠するものがあるが、すべてメキシコ原産でフランスやアフリカとは無縁である。 一年草が多いが、一部多年草や亜灌木もある。茎は高さ30〜120cm、葉は濃い黄緑色、羽状複葉が対生する。全草に特有の臭気があるものが多い。4〜10月にかけて、茎に継続的に新たな蕾が発生し、直径2〜5cmぐらいの鮮やかな黄・橙・暗赤色などの美しい花が咲く。咲いた花は1〜2週間で萎れ、自然落下(または指で摘花)するが、1株の複数の茎に発生している蕾が次々に開花し、1株としては4〜10月まで花が咲き続ける。10月以後、茎や葉が枯れる株があり、11月になると種の寿命限界で全ての株は枯れる。近年改良されたセンジュギクの一代交配種では、花径が15cmに達するものもある。
 観賞目的の栽培が普通であるが、根に線虫の防除効果があるのでコンパニオンプランツとして作物の間などに植えられることもある。線虫の防除効果は、植物自身の合成するα-terthienylをはじめとした化合物によるものとの説が有力だが、共生する線虫捕食菌の働きのためだという説も浮上している。
 異臭が激しく、有毒植物と誤解されていた時期もある。ジョン・ジェラードは、花を噛んだ少年の唇が炎症を起こした、猫に与えたところ、猫が死んでしまった、などの話を伝えている。ウィリアム・ハンベリー(William Hanbury)も匂いが不快であると言及し、ジョン・パーキンソンは、花の色など見た目の美しさがなかったら庭に植えられる事は無かっただろうと推測している。嫉妬の象徴とみなされることもある。

主な種
アフリカン・マリーゴールド Tagetes erecta
和名:センジュギク(千寿菊)、サンショウギク(山椒菊)
フレンチ・マリーゴールド Tagetes patula
和名:コウオウソウ(紅黄草)、クジャクソウ(孔雀草)、マンジュギク(万寿菊)
メキシカン・マリーゴールド Tagetes tenuifolia
和名:ホソバコウオウソウ、ヒメコウオウソウ
レモン・マリーゴールド Tagetes lemonii
 和名の千と万は、大きさではなく開花期の長さなので、T. erecta のほうを万寿菊にするのは誤りである。また、すべて原産地はメキシコで、フランスやアフリカ大陸には自生していない。導入の過程で誤謬により命名されたものと考えられる。アフリカン・マリーゴールドは16世紀初頭にスペインに輸入され、ヨーロッパに帰化した。フレンチ・マリーゴールドは、最初パリの庭園に植えられ、そこからヨーロッパ全域に波及した。日本には江戸時代、寛永年間に渡来した。学名のタゲテスはエトルリア人に占術を伝授した神話の人物ターゲス(Tages)に由来する。
 なお日本には自生していないが、シオザキソウ(T. minuta )が一部帰化している。

成分
 この花の花びらから抽出されたキサントフィル脂肪酸エステル混合物に含まれるヘレニエンという色素は暗順応改善薬の原料として用いられている。第二次世界大戦中にイギリス軍が「ブルーベリーのおかげで目が良くなった」という嘘の宣伝を流し、これを信じたドイツのバイエル社がブルーベリーを上回る効果を持つものを探したところ、マリーゴールドの花びらから抽出した脂肪酸エステル混合物に高い効果があることを発見し、ヘレニエンを有効成分とする暗順応改善薬「アダプチノール」が作られた。この薬は現在でも目の薬として使用されている。

文化
 聖母マリアの祭日に咲いていたため「マリア様の黄金の花」とも呼ばれている。
 メキシコでは死者の日の祝祭を彩る花として大量に栽培される。

DSC_1567.jpg

DSC_1577.jpg

DSC_1570.jpg

DSC_1571.jpg

DSC_1569.jpg

DSC_1575.jpg

DSC_1572.jpg

DSC_1573.jpg




☆ランキングにチャレンジ!☆
にほんブログ村さん、人気ブログランキングさん、アルファポリスさんに挑戦中。「うふふ」とか「ほろっ」とか「なるほど」と感じたら、押してくださいね。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村さん こころの風景へ


人気ブログランキングさん 芸術・人文へ



児童小説 心の器



現代小説 お取り寄せ救世主



児童小説 ツノナシオニ



現代小説 こころ王国 まりなさんと王様



児童小説 ケンと シロと そしてチビ


posted by maruzoh at 07:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆熱田丸蔵植物図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

   【maruzoh's profile】
   maruzoh live.jpg

名 前/maruzoh こと 熱田丸蔵
出没地/和光、富士宮、麹町
誕生日/9月7日 乙女座
好きなもの/こども、詩、絵、童話、小説、音楽、お酒、美味しいもの、犬、野球、寺、神社、花、ギター、家族
とても影響を受けた人/灰谷健次郎さん、鹿島和夫さん、ドン・カ・ジョンさん、かしわ哲さん、PANTAさん、ジョン・ライドンさん、小澤征爾さん、帚木蓬生さん
maruzohより一言/運も、人も、夢だって、欲しがり過ぎると逃げてっちゃう。幸せは、み〜んな天下のマワリモノ。みんなで仲良く分け合おう♪


title.gif
maruzohは、アートビリティ作家さんを、応援します!

●ご連絡先● 〒165−0023 東京都中野区江原町2−6−7
社会福祉法人東京コロニー アートビリティ事務局内
TEL 03−5988−7155/FAX 03−3953−9461
●営業時間● 平日 9:00〜17:20 / 土・日・祝日 休業日