やさしい人に、そうでない人にも 
                         
                        あなたの心に、こころの言葉








【お勧めカテゴリー】

◆こころ王国「まりなさんと王様」  ジャズシンガーを目指すまりなさんが出会ったのは、自称ココロニア王国の国王でした。次第に解けてゆくココロニアの謎と共に、本当の優しさとあたたかさとは何かに気づいてゆくまりなさん。こころ王国物語の第1作です。

◆こころ王国2「王様と皇帝」  200X年5月。ココロニア王国を訪れたナポレオンそっくりの男は、自らを皇帝と名乗りました。皇帝とは何者?皇帝の真の狙いは何か?まだまだ知られていない王国の謎と、現代文明社会との闇とも言うべき組織との死闘。はらはらどきどきのこころ王国物語の第2話です。

◆ケンとチビと、そしてシロ  老いぼれ犬ケンに残された時間が少ないことを偶然知ってしまった生意気な飼い猫チビと、そこにふらりと現れた飄々とした野良猫シロ。犬と猫と猫の不思議な半年間が始まりました。大人に読んで欲しい憧話です。

◆ツノナシオニ  授業参観日に現れた転校生桃山太郎くんのお父さんは、なんと2メートルを超す長身に赤ら顔。そのお父さんの帽子が突風で飛ばされることによって巻き起こった大騒動。でも、それは、私たちにいろいろな問題を考え直させるきっかけでした。

◆割れ鍋に綴じ蓋 ―ワレナベニトジブタ―  若き日に画家を夢見ながら挫折し、現在は平凡な人生を送る中年の私、鈴木守45歳。そんな私が、ふとした切欠で自分探しの旅を始めることになるのですが、その旅とは天才的物理学者の発明した装置による過去と未来への時空と精神を超えた旅だったのです。

◆お取り寄せ救世主  マンションの集合ポストに不法投函された1枚のチラシ。その下品極まりない、品性を疑うほどの酷いチラシには、「無料相談 宅配救世主」と書かれていました。1枚のチラシ、1本の電話から始まる、欲と好奇心とその奥に秘められたやさしさの織り成す不思議な不思議な一夜の人間模様。

◆澤田節子作品集  平成21年6月8日に黒色腫で亡くなった僕の母が書き残してくれた小説、エッセイをご紹介させてください。ドラマチックな物語ではありません。どこにでもある日常のほんのふとした心の動きを、僕には書けない女性らしい目線で描いた作品たちです。

◆こどもたちの詩  まさに僕のこころの原点。童話を書こうと思った切欠が、こどもたちとの詩との出会いでした。痛いほどに眩しい感性。こどもは未完成の大人ではないと僕は思っています。

◆熱田丸蔵の歌  アコギ1本で弾き語りしてみようと思って鋭意努力中です。オリジナルを中心に歌っていきたいなと思っています。

◆YOU TUE ばあちゃんの子育て応援チャンネル  子育て中の方、これから子育てをする方に見ていただけたら嬉しいです。新米ママとパパにほんの少しでもお役にたてればと思い50うん歳にしてYou Tubeを始めてみました。毎月1日、15日に加えて時々増刊号も発信できたらと思っています。

2016年06月17日

【昼休みちょこっと参拝】新宿区 茶ノ木稲荷神社

DSC_0405.jpg茶ノ木稲荷神社

住所 東京都新宿区市谷八幡町15
祭神 稲荷大神、保食神
祭日 初午祭、5月11日、9月11日
    慈眼正観眼病平癒祭



【昼休みちょこっと参拝】新宿区 茶ノ木稲荷神社


《パンフレットより》
茶ノ木稲荷神社縁起
空海が関東下向の時に開山、幅広いご利益
 市谷八幡神社の境内、石段左の方中段に御鎮座しております茶ノ木稲荷神社。今をさる一千年余りの昔、弘法大師が初めて御鎭祭申上げたのが当社と伝えられています。この山の地主の神でありまして古来この地を稲嶺山と呼んだのも、そのいわれによるものです。御祭神は保食神【うけもちのかみ】、すなわち稲荷大神です。この大神は、食物衣服のことを司るのが主なる御神徳ですが、その他、家内屋敷の安全を始め、農業、工業、商業の繁昌、諸技藝の上達、交通旅行の安全等を護り、幅広いご利益を持っています。

眼病平癒の伝説
 御祭神は、古来病気平癒に特別の信仰があります。古くから伝わるところによれば、昔この山に稲荷大神の御神使の白狐が居ましたが、ある時あやまって茶の木で目をつき、それ以来崇敬者は茶を忌み、正月の三ヶ日は茶を呑まない習俗がありました。特に眼病の人は一七日、或は三七日二十一日の間茶をたって願えば霊験があらたかであったと言われており、その他様々な願いが成就したということです。

御神威
 遠く四方に輝き、参詣者は常に絶えることなく、毎春初牛の祭はもとより、毎月々の御祭日には、神楽の奉奏、演藝の奉納等も行われ、縁日も立ち賑わいを極めました。旧幕時代には、大名旗本並に遠近の士民の崇敬が篤く、御本殿・拝殿をはじめ、鳥居・石水舍・石段・玉垣・燈籠・こまいぬ等、境内の諸設備に至るまで次第に完備。境内に現存する数百年前からの金石の奉納物に刻まれた文字を見ても、武芸者・文人墨客より諸商諸工に至るまで、あらゆる方面にわたり、その地域は江戸の市内は勿論、遠方の人々も含んでおり、今にいたるご利益に対する評判の大きさが感じられます。明治大正時代、そして昭和の戦前には、日本橋の魚河岸、大傳馬町等の諸問屋、麹町牛込の繁華街の方々に熱心な信者が多く、敬神講・小祭講等の講を数多く組織していました。長い間の戦争により崇敬者の方々も地方に疎開され、戦後、中断していましたが、2000年より再スタートが切れるまでになりました。

DSC_0402.jpg

DSC_0403.jpg

DSC_0404.jpg

DSC_0405.jpg

DSC_0406.jpg

DSC_0407.jpg

DSC_0408.jpg

DSC_0409.jpg

DSC_0412.jpg

DSC_0410.jpg

DSC_0411.jpg

DSC_0420.jpg




☆ランキングにチャレンジ!☆
にほんブログ村さん、人気ブログランキングさん、アルファポリスさんに挑戦中。「うふふ」とか「ほろっ」とか「なるほど」と感じたら、押してくださいね。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村さん こころの風景へ


人気ブログランキングさん 芸術・人文へ



児童小説 心の器



現代小説 お取り寄せ救世主



児童小説 ツノナシオニ



現代小説 こころ王国 まりなさんと王様



児童小説 ケンと シロと そしてチビ






この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

   【maruzoh's profile】
   maruzoh live.jpg

名 前/maruzoh こと 熱田丸蔵
出没地/和光、富士宮、麹町 誕生日/9月7日 乙女座
好きなもの/こども、詩、絵、童話、小説、音楽、お酒、美味しいもの、犬、野球、寺、神社、花、ギター、家族
とても影響を受けた人/灰谷健次郎さん、鹿島和夫さん、ドン・カ・ジョンさん、かしわ哲さん、PANTAさん、ジャー・ウォブルさん、小澤征爾さん、帚木蓬生さん
maruzohより一言/運も、人も、夢だって、欲しがり過ぎると逃げてっちゃう。幸せは、み〜んな天下のマワリモノ。みんなで仲良く分け合おう♪