やさしい人に、そうでない人にも 
                         
                        あなたの心に、こころの言葉








【お勧めカテゴリー】

◆こころ王国「まりなさんと王様」  ジャズシンガーを目指すまりなさんが出会ったのは、自称ココロニア王国の国王でした。次第に解けてゆくココロニアの謎と共に、本当の優しさとあたたかさとは何かに気づいてゆくまりなさん。こころ王国物語の第1作です。

◆こころ王国2「王様と皇帝」  200X年5月。ココロニア王国を訪れたナポレオンそっくりの男は、自らを皇帝と名乗りました。皇帝とは何者?皇帝の真の狙いは何か?まだまだ知られていない王国の謎と、現代文明社会との闇とも言うべき組織との死闘。はらはらどきどきのこころ王国物語の第2話です。

◆ケンとチビと、そしてシロ  老いぼれ犬ケンに残された時間が少ないことを偶然知ってしまった生意気な飼い猫チビと、そこにふらりと現れた飄々とした野良猫シロ。犬と猫と猫の不思議な半年間が始まりました。大人に読んで欲しい憧話です。

◆ツノナシオニ  授業参観日に現れた転校生桃山太郎くんのお父さんは、なんと2メートルを超す長身に赤ら顔。そのお父さんの帽子が突風で飛ばされることによって巻き起こった大騒動。でも、それは、私たちにいろいろな問題を考え直させるきっかけでした。

◆割れ鍋に綴じ蓋 ―ワレナベニトジブタ―  若き日に画家を夢見ながら挫折し、現在は平凡な人生を送る中年の私、鈴木守45歳。そんな私が、ふとした切欠で自分探しの旅を始めることになるのですが、その旅とは天才的物理学者の発明した装置による過去と未来への時空と精神を超えた旅だったのです。

◆お取り寄せ救世主  マンションの集合ポストに不法投函された1枚のチラシ。その下品極まりない、品性を疑うほどの酷いチラシには、「無料相談 宅配救世主」と書かれていました。1枚のチラシ、1本の電話から始まる、欲と好奇心とその奥に秘められたやさしさの織り成す不思議な不思議な一夜の人間模様。

◆澤田節子作品集  平成21年6月8日に黒色腫で亡くなった僕の母が書き残してくれた小説、エッセイをご紹介させてください。ドラマチックな物語ではありません。どこにでもある日常のほんのふとした心の動きを、僕には書けない女性らしい目線で描いた作品たちです。

◆こどもたちの詩  まさに僕のこころの原点。童話を書こうと思った切欠が、こどもたちとの詩との出会いでした。痛いほどに眩しい感性。こどもは未完成の大人ではないと僕は思っています。

◆熱田丸蔵の歌  アコギ1本で弾き語りしてみようと思って鋭意努力中です。オリジナルを中心に歌っていきたいなと思っています。

◆YOU TUE ばあちゃんの子育て応援チャンネル  子育て中の方、これから子育てをする方に見ていただけたら嬉しいです。新米ママとパパにほんの少しでもお役にたてればと思い50うん歳にしてYou Tubeを始めてみました。毎月1日、15日に加えて時々増刊号も発信できたらと思っています。

2010年04月18日

駿河由比宿 ぶらり散歩

静岡 由比宿散歩 028.jpg僕の実家富士宮からひと山、ふた山超すと東海道の宿場町「由比」に出ます。由比と言えば、なんと言っても由比正雪と桜えび!江戸の情緒の残る町並みを「いつもと違った組合せの」親子3人で歩いて、駿河湾を一望できるパノラマテラス「海の庭」さんでの桜えび料理を堪能しました。

 


駿河由比宿 ぶらり散歩


東海道由比宿。
親子3人と言うと
僕、女房、次男坊のパターンがほとんどでしたが、
今回の組合せは、
父さん、僕、弟の3人です。
いつもは、酒を飲んでばかりの3人が
ちょっとした用事のついでにぷち旅行となりました。

静岡 由比宿散歩 028.jpg


さて、これが大名らが泊まったと言う本陣跡。

静岡 由比宿散歩 029.jpg


現在は公園と美術館になっています。

静岡 由比宿散歩 030.jpg

静岡 由比宿散歩 031.jpg

静岡 由比宿散歩 032.jpg


これは、かの由比正雪の生家。
のれんに「正雪紺屋」とあります。

静岡 由比宿散歩 034.jpg


で、やっぱり僕のお目当てはと言うと・・・
当然、桜えび料理ですよねぇ。

静岡 由比宿散歩 002.jpg


父さんが奢ってくれると言うので
お馬鹿な弟は調子に乗って・・・
もう45です。

静岡 由比宿散歩 001.jpg


運良く窓際の席をゲット!

静岡 由比宿散歩 003.jpg


伊豆半島が左手に横たわって
波勝崎までくっきりと見えてました。
「いい店を教えてやる」と言ってた
父さんもご満悦。

<静岡 由比宿散歩 005.jpg


父さんと弟は、
「揚げ桜えびそば」の大盛を注文。

静岡 由比宿散歩 007.jpg

静岡 由比宿散歩 008.jpg


静岡 由比宿散歩 013.jpg

静岡 由比宿散歩 009.jpg

静岡 由比宿散歩 010.jpg


僕はと言うと、
どうしても生桜えびが食べたくって
「桜えびおこわ膳」をいただきました。

静岡 由比宿散歩 014.jpg


このおこわの美味しそうなこと。
桜えびって
ホント綺麗だし、可愛らしいんですよね。

静岡 由比宿散歩 016.jpg

静岡 由比宿散歩 017.jpg

静岡 由比宿散歩 024.jpg


これは、きっと自然薯ですよ。
これ、めちゃめちゃ美味しかった。

静岡 由比宿散歩 018.jpg


海藻サラダも新鮮そのもの!

静岡 由比宿散歩 021.jpg


そして、生桜えび!
美味―――っ!

静岡 由比宿散歩 019.jpg

静岡 由比宿散歩 026.jpg


今年は水揚げが芳しくないそうですけど、
漁師さん、がんばってください。


親子3人の楽しい、美味しいぷち旅行。
父さん、いい店を教えてくれてありがとう。
ご馳走さまでした。
また、来月も帰ります♪


パノラマテラス 海の庭
旧東海道おもしろ宿場館2階
営業時間 10:00〜17:00 
       元旦のみ休
電話 054-377-0024


◆ランキングやってます。
 3連ポッチ、してくれたら嬉しい!


 banner_03.gif 「人気ブログランキング」さん
 blu88x15_b.gif 「くつろぐ」さん
 ブログランキング・にほんブログ村へ 「にほんブログ村」さん

 

posted by maruzoh at 11:19| Comment(2) | TrackBack(0) | ◆丸蔵の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちわ〜。珍しい組み合わせのお出かけだったね。今日、お父様から「ブログに載ってるよ」と聞いたので覗きに、、^^;。サクサクの桜海老の天ぷらは絶品ですね(*^^)v

此処のお店には私も、何回か来た事がありますよ。日曜日はメチャ混みです。海側の席で良かったね〜。山側の「倉沢屋」と言うお店も、桜海老尽くしのお料理が有るそうで、一度行ってみたいな〜と思いつつ、ついつい、「さくらえび館」に寄ってしまいます。こちらもいつも混んでいて、でも待つだけの事はありますね〜。5月3日だったかな?毎年「さくらえび祭り」がありますよ。

只、凄く凄く凄く〜混みます!でもねー1枚200円で桜えびの天ぷらの揚げたてが食べられますよ〜。生しらすの試食も、普通のスーパーの試食とは大違いで、「えーー!こんなに沢山なの」と驚くほどですよ。町の中にも、屋台や出店、地元の人達が、自宅の前で、フリマをやっているのには驚きましたがね〜(*^。^*)
食べ歩きしながら、漁港の桜えび天ぷらめざして、散策するのも楽しいですよ。
Posted by くろこ at 2010年04月18日 16:49
くろこさん、ありがとう♪

「桜えび祭り」ですか・・
桜えび大好きには、たまりませんねぇ。

僕は食べるだけの為に江ノ島まで行ったくらい「生シラス丼」も好きです。
たっぷりの生シラス、いいなぁ。

でも、連休ど真ん中ですね。
混むのも、並ぶのも、僕は大嫌いなんだよなぁ・・・

Posted by maruzoh at 2010年04月19日 09:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

   【maruzoh's profile】
   maruzoh live.jpg

名 前/maruzoh こと 熱田丸蔵
出没地/和光、富士宮、麹町 誕生日/9月7日 乙女座
好きなもの/こども、詩、絵、童話、小説、音楽、お酒、美味しいもの、犬、野球、寺、神社、花、ギター、家族
とても影響を受けた人/灰谷健次郎さん、鹿島和夫さん、ドン・カ・ジョンさん、かしわ哲さん、PANTAさん、ジャー・ウォブルさん、小澤征爾さん、帚木蓬生さん
maruzohより一言/運も、人も、夢だって、欲しがり過ぎると逃げてっちゃう。幸せは、み〜んな天下のマワリモノ。みんなで仲良く分け合おう♪