やさしい人に、そうでない人にも 
                         
                        あなたの心に、こころの言葉








【お勧めカテゴリー】

◆こころ王国「まりなさんと王様」  ジャズシンガーを目指すまりなさんが出会ったのは、自称ココロニア王国の国王でした。次第に解けてゆくココロニアの謎と共に、本当の優しさとあたたかさとは何かに気づいてゆくまりなさん。こころ王国物語の第1作です。

◆こころ王国2「王様と皇帝」  200X年5月。ココロニア王国を訪れたナポレオンそっくりの男は、自らを皇帝と名乗りました。皇帝とは何者?皇帝の真の狙いは何か?まだまだ知られていない王国の謎と、現代文明社会との闇とも言うべき組織との死闘。はらはらどきどきのこころ王国物語の第2話です。

◆ケンとチビと、そしてシロ  老いぼれ犬ケンに残された時間が少ないことを偶然知ってしまった生意気な飼い猫チビと、そこにふらりと現れた飄々とした野良猫シロ。犬と猫と猫の不思議な半年間が始まりました。大人に読んで欲しい憧話です。

◆ツノナシオニ  授業参観日に現れた転校生桃山太郎くんのお父さんは、なんと2メートルを超す長身に赤ら顔。そのお父さんの帽子が突風で飛ばされることによって巻き起こった大騒動。でも、それは、私たちにいろいろな問題を考え直させるきっかけでした。

◆割れ鍋に綴じ蓋 ―ワレナベニトジブタ―  若き日に画家を夢見ながら挫折し、現在は平凡な人生を送る中年の私、鈴木守45歳。そんな私が、ふとした切欠で自分探しの旅を始めることになるのですが、その旅とは天才的物理学者の発明した装置による過去と未来への時空と精神を超えた旅だったのです。

◆お取り寄せ救世主  マンションの集合ポストに不法投函された1枚のチラシ。その下品極まりない、品性を疑うほどの酷いチラシには、「無料相談 宅配救世主」と書かれていました。1枚のチラシ、1本の電話から始まる、欲と好奇心とその奥に秘められたやさしさの織り成す不思議な不思議な一夜の人間模様。

◆澤田節子作品集  平成21年6月8日に黒色腫で亡くなった僕の母が書き残してくれた小説、エッセイをご紹介させてください。ドラマチックな物語ではありません。どこにでもある日常のほんのふとした心の動きを、僕には書けない女性らしい目線で描いた作品たちです。

◆こどもたちの詩  まさに僕のこころの原点。童話を書こうと思った切欠が、こどもたちとの詩との出会いでした。痛いほどに眩しい感性。こどもは未完成の大人ではないと僕は思っています。

◆熱田丸蔵の歌  アコギ1本で弾き語りしてみようと思って鋭意努力中です。オリジナルを中心に歌っていきたいなと思っています。

◆YOU TUE ばあちゃんの子育て応援チャンネル  子育て中の方、これから子育てをする方に見ていただけたら嬉しいです。新米ママとパパにほんの少しでもお役にたてればと思い50うん歳にしてYou Tubeを始めてみました。毎月1日、15日に加えて時々増刊号も発信できたらと思っています。

2009年02月08日

新しい家族 トイプードルの「ココ」

トイプードルのココ 001.jpg今日我が家に、新たな可愛らしい家族が加わりました。
本当にひょんなことから譲っていただけるようになった、トイプードルくんです。生後9ケ月のオスで、毛色はレッド。口から胸に掛けて白い毛が混じっています。
家族で相談の結果、名前は長女の命名による「ココ」に決定しました。「ココ。これからずっと、よろしくね♪」




新しい家族 トイプードルの「ココ」


我が家で今までで飼ったことがあるのは、
ハムスターのみ。
僕にしても、
こどもの頃猫を飼っていただけで
犬を飼う自信は皆無でした。

そんな僕らが去年から話し始めたのが、
トイプードル。
あれって可愛いねえ。
ねえ、飼ってみない?
だって散歩とか大変そうだし、
犬は生き物で玩具じゃないんだから。
無責任には飼えないよ。

飼おうか・・・
飼うまいか・・・

そんなことを去年から
家族で何度も話し合ったのですが、
飼いたい・・という
漠然とした意見の一致は見たものの、
なかなか踏ん切りがつかずに
具体的な進展がないまま
早2月を迎えてしまいました。

ところが、
こういう「縁」に関わることって、
決まるときには
トントントンって決まってしまうもので、
昨日の野球の練習後、
同じチームのコーチの
「誰かプードル貰ってくれないかなぁ・・」
という話を聞いてから僅か2時間後には、
面談も済ませて。
トイプードルの男の子が
僕らの家族になることに決まっていました。

そして、今日。
元のご主人とのお別れを済ませて
晴れて「ココ」が、僕らの家族になったのです。

トイプードルのココ 001.jpg

トイプードルのココ 009.jpg

トイプードルのココ 017.jpg

トイプードルのココ 021.jpg

トイプードルのココ 034.jpg

トイプードルのココ 023.jpg

う〜ん・・ 想像してた以上に可愛いっ!


◆ランキングやってます。
 3連ポッチ、してくれたら嬉しい!


 banner_03.gif 「人気ブログランキング」さん
 blu88x15_b.gif 「くつろぐ」さん
 ブログランキング・にほんブログ村へ 「にほんブログ村」さん

 
この記事へのコメント
【ココちゃん】凄くカワイイですね〜♪
ウチで飼っていた犬も、ココちゃんって
名前の子がいた事があります☆
これから、散歩したり遊ぶのが楽しみですね!
Posted by chope at 2009年02月08日 23:16
大人しそうですね♪
かわいい。。。
Posted by HiRO at 2009年02月08日 23:25
…っか〜〜〜っ!!(>▽<)
ココちゃん、かわえぇ〜〜〜!!(>▽<)
いいな〜〜っ!!o(><)o"

色もリラ色(!?)でGOOD!!(^-^)b
(…そしてなにげに坊ちゃんが写ってるあたり
maruさんの子煩悩ぶりが…!!(^-^) )

またココちゃんの写真、UPして下さいね〜!!o(^-^)o"
Posted by りらた at 2009年02月08日 23:50
maruzohさん、お早うございます。
なんて、可愛いんでしょう♪
クリック×4♪
Posted by S・S・B at 2009年02月09日 01:41
maruzohさん
 おはようございます
”ココちゃん”可愛いお顔にぴったりの名前ですねぇ!
可愛い家族が増え
ますます明るい家庭になりますね!
Posted by irumi-cho at 2009年02月09日 08:41
おぉ。羨ましい。かわいい。
散歩に行きたい!
Posted by しろくん at 2009年02月09日 10:14
HiRO & chopeさん、ありがとう♪

ホント、可愛いんですよぉ&#9829;

かなりやんちゃ坊主だと聞いていますが、
犬の癖に、まだ猫を被ってるようで、今は大人しいです。

Posted by maruzoh at 2009年02月09日 10:51
りらたさん、ありがとう♪

3人姉弟の末っ子の次男坊は、
ハムスターの時もそうでしたが、
子分が出来るのがよほど嬉しいらしく、しつけ係を買って出て、
「こら!だめでしょ!」とやっています。

そんな次男坊は、ココにもまして可愛いです。

Posted by maruzoh at 2009年02月09日 10:55
S・S・Bさん、ありがとう♪

ブログ拝見しましたよ〜♪
食べ物系のブログですね。

「日本ブログ村」から、このブログのランキングポイントを
一方的に「今日食べたもの」ランキングにしますって言われた時には、
正直、あまりいい気持ちはしなかったのですが、
それによってS・S・Bさんみたいな新しい仲間が増えるってことは、
かえって良かったのかもしれないって、今は思っています。

これからもよろしく♪

Posted by maruzoh at 2009年02月09日 11:03
irumi-choさん、ありがとう♪

ココが来てくれたことによって、
みんなが同じ場所に集まってきます。

誰もが初めてなので
みんなで相談しながら世話しています。

今朝なんか、6時半にはみんな
ココの前にいたんですよ。

Posted by maruzoh at 2009年02月09日 11:09
しろくん、ありがとう♪

いいでしょ?
ウチのココちゃん。
既に9ヶ月なので、長男曰く
人間で言うともう10歳位らしいので
ちょうど次男坊と同じくらいです。

ココと出会ったことによって
「ケンシロチビ」が少し変わるかも・・・

Posted by maruzoh at 2009年02月09日 11:14
可愛い♪…んですが
トイプードルって、けっこうデカいもんなんですね…^^;
うちは20年前に柴の雑種を飼ったっきり。
男前の割におびんたれで、
そのちび犬にすら近づけない更なるおびんたれは私でした…
今でも動物触れません… 
Posted by オイラ at 2009年02月09日 22:59
オイラさん、ありがとう♪

「おびんたれ」
思わず検索してしまいましたよ。
「意気地なし」とあるサイトで出てきました。

しかし!
動物触れないのに、動物の物語を書いてるって、
それって、おびんたれどころか、
マジ肝が座ってるじゃないっスか。。。

Posted by maruzoh at 2009年02月09日 23:14
触れないが故の言いトコ取りの理想屋なんです。
(『理想屋って商売もこころ王国にはありそうですね…^^』)

はい、おびんたれはバリバリの方言でした。
同じ関西人のりら師匠にも通じないと思います…
ニュアンスは“小心者”が近いかな〜?
“びびんたれ”と言う人もいます。

そんなおびんたれの恐怖体験は
http://plaza.rakuten.co.jp/fmbreak/diary/200902090000/をご覧下さい。
まだ鳥肌たってるんです………

Posted by オイラ at 2009年02月10日 22:43
理想屋。
そのアイデア、いただきです。

理想家、夢想家数あれど、そいつはまだまだ素人。
理想を売ってなんぼの「理想屋」。

いったいどんな物語が産まれるやら。

Posted by maruzoh at 2009年02月12日 00:07
謹んでお待ち致しております…(笑)
Posted by オイラ at 2009年02月12日 23:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

   【maruzoh's profile】
   maruzoh live.jpg

名 前/maruzoh こと 熱田丸蔵
出没地/和光、富士宮、麹町 誕生日/9月7日 乙女座
好きなもの/こども、詩、絵、童話、小説、音楽、お酒、美味しいもの、犬、野球、寺、神社、花、ギター、家族
とても影響を受けた人/灰谷健次郎さん、鹿島和夫さん、ドン・カ・ジョンさん、かしわ哲さん、PANTAさん、ジャー・ウォブルさん、小澤征爾さん、帚木蓬生さん
maruzohより一言/運も、人も、夢だって、欲しがり過ぎると逃げてっちゃう。幸せは、み〜んな天下のマワリモノ。みんなで仲良く分け合おう♪