やさしい人に、そうでない人にも 
                         
                        あなたの心に、こころの言葉








【お勧めカテゴリー】

◆こころ王国「まりなさんと王様」  ジャズシンガーを目指すまりなさんが出会ったのは、自称ココロニア王国の国王でした。次第に解けてゆくココロニアの謎と共に、本当の優しさとあたたかさとは何かに気づいてゆくまりなさん。こころ王国物語の第1作です。

◆こころ王国2「王様と皇帝」  200X年5月。ココロニア王国を訪れたナポレオンそっくりの男は、自らを皇帝と名乗りました。皇帝とは何者?皇帝の真の狙いは何か?まだまだ知られていない王国の謎と、現代文明社会との闇とも言うべき組織との死闘。はらはらどきどきのこころ王国物語の第2話です。

◆ケンとチビと、そしてシロ  老いぼれ犬ケンに残された時間が少ないことを偶然知ってしまった生意気な飼い猫チビと、そこにふらりと現れた飄々とした野良猫シロ。犬と猫と猫の不思議な半年間が始まりました。大人に読んで欲しい憧話です。

◆ツノナシオニ  授業参観日に現れた転校生桃山太郎くんのお父さんは、なんと2メートルを超す長身に赤ら顔。そのお父さんの帽子が突風で飛ばされることによって巻き起こった大騒動。でも、それは、私たちにいろいろな問題を考え直させるきっかけでした。

◆澤田節子作品集  平成21年6月8日に黒色腫で亡くなった僕の母が書き残してくれた小説、エッセイをご紹介させてください。ドラマチックな物語ではありません。どこにでもある日常のほんのふとした心の動きを、僕には書けない女性らしい目線で描いた作品たちです。

◆こどもたちの詩  まさに僕のこころの原点。童話を書こうと思った切欠が、こどもたちとの詩との出会いでした。痛いほどに眩しい感性。こどもは未完成の大人ではないと僕は思っています。

◆熱田丸蔵の歌  アコギ1本で弾き語りしてみようと思って鋭意努力中です。オリジナルを中心に歌っていきたいなと思っています。

◆YOU TUE ばあちゃんの子育て応援チャンネル  子育て中の方、これから子育てをする方に見ていただけたら嬉しいです。新米ママとパパにほんの少しでもお役にたてればと思い50うん歳にしてYou Tubeを始めてみました。毎月1日、15日に加えて時々増刊号も発信できたらと思っています。

2019年04月21日

ツノナシオニ 第3回 帽子

ツノナシオニ.bmpクラスのざわめきの中、お父さんはぺこりと先生に頭を下げた。担任の西原先生は、お父さんを頭からつま先まで順番に舐めるようにして見ると、引きつったような笑顔のままで会釈をした。先生が、「オ、オッホン」とわざとらしく一つ咳払いをする。きっと、みんなを静まらせようとしたんだろうけれど、逆にざわめきは、最初のひそひそ話しからだんだんと大きくなっていった。(本文より)
ツノナシオニへの入口はこちらです。
posted by maruzoh at 10:27| Comment(0) | ◆ツノナシオニ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ツノナシオニ 「目次」

ツノナシオニ.bmp 授業参観日に現れた転校生桃山太郎くんのお父さんは、なんと2メートルを超す長身に赤ら顔。そのお父さんの帽子が突風で飛ばされることによって巻き起こった大騒動。でも、それは、私たちにいろいろな問題を考え直させるきっかけでした。大人にも読んでほしい憧話です。
ツノナシオニへの入口はこちらです。
posted by maruzoh at 10:25| Comment(0) | ◆ツノナシオニ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月18日

ツノナシオニ 第2回 参観

ツノナシオニ.bmpお父さんに会いたいという気持ちは、前にも増して強くなっていたけれど、それと同じくらい不安も増していた。大概人間は、悪い方悪い方にものごとを考えがちになるのが多いらしい。いつの間にか僕も、その仲間の1人になっていたんだろうか、「お父さんは、どんな格好で来るんだろう」とか、「懇談会には、出席しないだろう」とか、「まさか給食のお代りなんてしないだろうな」とか、いろんなことを考えてしまう。(本文より)
ツノナシオニへの入口はこちらです。
posted by maruzoh at 23:10| Comment(0) | ◆ツノナシオニ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月14日

ツノナシオニ 第1回 手紙

ツノナシオニ.bmpお父さんから手紙が来た。どうやら、おじいちゃんが先に読んだみたいで、封はもう開けられている。手紙を手渡すとおじいちゃんは、心配そうに僕の顔を覗きこむようにして見たけれど、僕は久しぶりに見るお父さんの字が懐かしくって、それに気づかないふりをしていた。便箋を封筒から引っ張り出すと、ほんわりとお父さんのにおいがして、僕は夢中になってお父さんの字を目で追っていた。(本文より)
ツノナシオニへの入口はこちらです。
posted by maruzoh at 14:58| Comment(0) | ◆ツノナシオニ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月07日

ケンとチビと、そしてシロ 第15回 ―エピローグ―

見つめる猫.jpg桜の花が、舞っている。見渡す限りの満開の桜の中、まるであの日のように桜の花が、舞っている。毎年、春の訪れを祝福するように咲き誇り、そして、散っていくこの無数の花たちにも、ひとつとして同じ花が無いように、犬も、猫も、そして人も、その一生に同じものなんて無いし、それぞれの一生の重みに、優劣なんてありはしない。(本文より)
ケンとチビと、そしてシロへの入口はこちらです。
posted by maruzoh at 08:27| Comment(0) | ◆ケンとチビと、そしてシロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月04日

ケンとチビと、そしてシロ 第14回 30 〜 31

見つめる猫.jpg峠への急勾配を過ぎるとなだらかな葛篭折(つづらおり)の下りの坂道に変わる。その坂道をゆっくりと下りてゆくトーサンに抱かれるじじいは、まるで無垢な赤ん坊のようだった。それは道端の空き箱の中、空腹さえ忘れて泣いていた俺さまやじじいが、カーサンの暖かな手に抱かれたあの時の思いと、きっと同じなんじゃないかと俺さまは思った。(本文より)
ケンとチビと、そしてシロへの入口はこちらです。
posted by maruzoh at 22:08| Comment(0) | ◆ケンとチビと、そしてシロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月31日

ケンとチビと、そしてシロ 第13回 27 〜 29

見つめる猫.jpg「行く気だよ、あの顔は」シロの言葉に、俺さまもごくりと唾を飲んだ。「河原の祠に続く道のこと、見えなくなっちまった今でもしっかりと覚えてやがるんだなぁ」じじいは、準備運動代わりに大きく伸びをしようとしたんだけど、踏ん張りがきかないのか前足をズルズルっと前に滑べらせちまって、お尻を突き出しながら万歳したような、なんとも情けない格好のまま地面に顎をしたたか打ちつけている。(本文より)

ケンとチビと、そしてシロへの入口はこちらです。
posted by maruzoh at 11:30| Comment(0) | ◆ケンとチビと、そしてシロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

   【maruzoh's profile】
   maruzoh live.jpg

名 前/maruzoh こと 熱田丸蔵
出没地/和光、富士宮、麹町 誕生日/9月7日 乙女座
好きなもの/こども、詩、絵、童話、小説、音楽、お酒、美味しいもの、犬、野球、寺、神社、花、ギター、家族
とても影響を受けた人/灰谷健次郎さん、鹿島和夫さん、ドン・カ・ジョンさん、かしわ哲さん、PANTAさん、ジョン・ライドンさん、小澤征爾さん、帚木蓬生さん
maruzohより一言/運も、人も、夢だって、欲しがり過ぎると逃げてっちゃう。幸せは、み〜んな天下のマワリモノ。みんなで仲良く分け合おう♪