やさしい人に、そうでない人にも 
                         
                        あなたの心に、こころの言葉








【お勧めカテゴリー】

◆こころ王国「まりなさんと王様」  ジャズシンガーを目指すまりなさんが出会ったのは、自称ココロニア王国の国王でした。次第に解けてゆくココロニアの謎と共に、本当の優しさとあたたかさとは何かに気づいてゆくまりなさん。こころ王国物語の第1作です。

◆こころ王国2「王様と皇帝」  200X年5月。ココロニア王国を訪れたナポレオンそっくりの男は、自らを皇帝と名乗りました。皇帝とは何者?皇帝の真の狙いは何か?まだまだ知られていない王国の謎と、現代文明社会との闇とも言うべき組織との死闘。はらはらどきどきのこころ王国物語の第2話です。

◆ケンとチビと、そしてシロ  老いぼれ犬ケンに残された時間が少ないことを偶然知ってしまった生意気な飼い猫チビと、そこにふらりと現れた飄々とした野良猫シロ。犬と猫と猫の不思議な半年間が始まりました。大人に読んで欲しい憧話です。

◆澤田節子作品集  平成21年6月8日に黒色腫で亡くなった僕の母が書き残してくれた小説、エッセイをご紹介させてください。ドラマチックな物語ではありません。どこにでもある日常のほんのふとした心の動きを、僕には書けない女性らしい目線で描いた作品たちです。

◆こどもたちの詩  まさに僕のこころの原点。童話を書こうと思った切欠が、こどもたちとの詩との出会いでした。痛いほどに眩しい感性。こどもは未完成の大人ではないと僕は思っています。

◆熱田丸蔵の歌  アコギ1本で弾き語りしてみようと思って鋭意努力中です。オリジナルを中心に歌っていきたいなと思っています。

◆YOU TUE ばあちゃんの子育て応援チャンネル  子育て中の方、これから子育てをする方に見ていただけたら嬉しいです。新米ママとパパにほんの少しでもお役にたてればと思い50うん歳にしてYou Tubeを始めてみました。毎月1日、15日に加えて時々増刊号も発信できたらと思っています。

2019年02月17日

ケンとチビと、そしてシロ 第3回 6 〜 7

見つめる猫.jpg俺さまは、次の日の朝も調子がでなかった。ぐったりしている俺さまを見て、トーサンが、あの「ヤブ動物病院」に連れて行ってくれた。やたらと声ばかりでかくてひげ面のちっともお洒落じゃないヤブセンセイのところには、なんとかショートヘアだの、よくテレビに出てるようなトイサイズの犬だのは、ほとんど来やしない。(本文より)
ケンとチビと、そしてシロへの入口はこちらです。
posted by maruzoh at 14:29| Comment(0) | ◆ケンとチビと、そしてシロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月10日

ケンとチビと、そしてシロ 第2回 3 〜 5

見つめる猫.jpgクシュンッ クシュンッくしゃみと鼻水が止まりゃしない。どうやら、昨日のトーサンのバケツで風邪をひいちまったようだ。あのノラ野郎も前の晩、同じ攻撃を受けているってのに、ピンピンしてやがるってのが、どうにも気に食わない。長い飼い猫生活で、俺さまの野生がすっかり軟弱になっちまったんだろか?そう言えば、突進も軽くかわされちまったし、これはちょっと体を鍛えなおしてからリベンジマッチに臨んだ方が良いかなぁ。(本文より)
ケンとチビと、そしてシロへの入口はこちらです。
posted by maruzoh at 16:11| Comment(0) | ◆ケンとチビと、そしてシロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月06日

ケンとチビと、そしてシロ 第1回 プロローグ 〜 2

見つめる猫.jpg奴だ、また来てやがる。ここんとこ毎日じゃないか。ここを、誰ん家だと思ってやがるんだ。俺さまは、体を低くして、そろおりと抜き足差し足で、奴に気づかれないようにゆっくりと近づく。カサリ いけね、落ち葉踏んじまった!俺さまが踏んだ微かな音に気づいて、奴は残飯漁りをやめて振り返った。ノラにしては艶のある白い体が、月明かりに照らされている。「やあ。いい月夜だね」こいつは、いつだってこうだ。まるで拍子抜けしちまう。(本文より)
ケンとチビと、そしてシロへの入口はこちらです。
posted by maruzoh at 07:52| Comment(0) | ◆ケンとチビと、そしてシロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月30日

エピローグ(最終回) 夕焼けの海の再会/こころ王国2「王様と皇帝」 

まりなさんと王様.png千年帝国の噂も絶えて久しい秋も深まったある日、島の住民以外の乗客など滅多にない本土と本島を繋ぐ定期船に乗って、初老の男が丸蔵くんを訪ねてきたと本島の役場から連絡がありました。本島とココロニアの間には公共の交通機関などありませんから、丸蔵くんは、下校のタカシくんたちを迎えに行く玄さんのココロニア号に便乗させてもらって、その男に会いに行くことにしました。(本文より)
こころ王国2への入口はこちらです。
posted by maruzoh at 08:05| Comment(0) | ◆こころ王国2「王様と皇帝」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月27日

その22 皇帝の慟哭/こころ王国2「王様と皇帝」

まりなさんと王様.png「そ、その携帯電話がどうしたって言うんだ」携帯電話を掲げた王様に、痩せた刑事がちょっと不安そうに突っかかりました。「さっきガルル皇帝は、ウチの丸蔵とマレンゴさんのことを、詐欺師の才能があると褒めてくださいましたよね。まあ、親としてみれば喜ばしいとばかりも言っていられませんが、ここはそう、機転が利くという風に受け取っておきましょう」マレンゴが不思議そうに尋ねます。「た、確かにこの部屋でそんな会話がありましたが、あなたはどうしてこの部屋で起きたことを・・・」(本文より)
こころ王国2への入口はこちらです。
posted by maruzoh at 10:21| Comment(0) | ◆こころ王国2「王様と皇帝」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月23日

その21 千年帝国消滅/こころ王国2「王様と皇帝」

まりなさんと王様.png 「あ、あれはなんだ?」皇帝執務室の重苦しい空気を破ったのは、廊下から聞こえた若い男の叫び声でした。さすがに元諜報部員のヒムラーです。ピンと来た彼は、部屋から飛び出すや、胸ポケットから出した小型双眼鏡で海原を眺めました。「や、やはり水上警察隊、相当な数だ。おや、先頭の船に赤いマントが見える。ココロニアの王様まで一緒に来たようだね。あっ、タカシくん、君のお父さんも一緒のようだよ」それを聞いてタカシくんが、弾かれた様にヒムラーのそばに駆け寄って行きました。(本文より)
こころ王国2への入口はこちらです。
posted by maruzoh at 23:11| Comment(0) | ◆こころ王国2「王様と皇帝」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月19日

その20 ゲッベルス皇帝を擁護す/こころ王国2「王様と皇帝」

まりなさんと王様.png消印は、1月以上も前だったんだ。馬鹿みたいだろ?私たちが拘留されている間に、正一は、死んでしまっていたんだ。半年間の拘留から、一転無罪放免となってね。私が日本にいる妻に連絡を取るなんてことは、なんの造作も無いことだったんだよ、本当は。でも、私はね、そうしなかった。酒を飲んでは、ただ受話器を握り締めていた。ダイヤルしかけては、すぐに放り出していたんだ。何度も、何度も。毎日、毎日。(本文より)
こころ王国2への入口はこちらです。
posted by maruzoh at 18:14| Comment(0) | ◆こころ王国2「王様と皇帝」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月13日

その19 心丸最後の日/こころ王国2「王様と皇帝」

まりなさんと王様.pngあの10年前の曇天の日。若き日のガルル皇帝たち船員8名と積荷を載せて、F国を出た心丸は、ほどなく公海に入りました。風が強くなり、海がだいぶ荒れてきたようです。心丸の船室、物凄い形相の彼、ガルルが仲間7人を懸命に説き伏せようとしています。「も、もう1度、考え直せっ!自分たちがしようとしていることを、もう1度考え直してみるんだ。こ、これは、取り返しのつかないことなんだぞ。まだ、何とか打つ手立てはある、すぐにF国に引き返すんだ」(本文より)
こころ王国2への入口はこちらです。
posted by maruzoh at 12:42| Comment(0) | ◆こころ王国2「王様と皇帝」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

   【maruzoh's profile】
   maruzoh live.jpg

名 前/maruzoh こと 熱田丸蔵
出没地/和光、富士宮、麹町 誕生日/9月7日 乙女座
好きなもの/こども、詩、絵、童話、小説、音楽、お酒、美味しいもの、犬、野球、寺、神社、花、ギター、家族
とても影響を受けた人/灰谷健次郎さん、鹿島和夫さん、ドン・カ・ジョンさん、かしわ哲さん、PANTAさん、ジョン・ライドンさん、小澤征爾さん、帚木蓬生さん
maruzohより一言/運も、人も、夢だって、欲しがり過ぎると逃げてっちゃう。幸せは、み〜んな天下のマワリモノ。みんなで仲良く分け合おう♪



title.gif
maruzohは、アートビリティ作家さんを、応援します!

●ご連絡先● 〒165−0023 東京都中野区江原町2−6−7
社会福祉法人東京コロニー アートビリティ事務局内
TEL 03−5988−7155/FAX 03−3953−9461
●営業時間● 平日 9:00〜17:20 / 土・日・祝日 休業日