やさしい人に、そうでない人にも 
                         
                        あなたの心に、こころの言葉








【お勧めカテゴリー】

◆こころ王国「まりなさんと王様」  ジャズシンガーを目指すまりなさんが出会ったのは、自称ココロニア王国の国王でした。次第に解けてゆくココロニアの謎と共に、本当の優しさとあたたかさとは何かに気づいてゆくまりなさん。こころ王国物語の第1作です。

◆こころ王国2「王様と皇帝」  200X年5月。ココロニア王国を訪れたナポレオンそっくりの男は、自らを皇帝と名乗りました。皇帝とは何者?皇帝の真の狙いは何か?まだまだ知られていない王国の謎と、現代文明社会との闇とも言うべき組織との死闘。はらはらどきどきのこころ王国物語の第2話です。

◆ケンとチビと、そしてシロ  老いぼれ犬ケンに残された時間が少ないことを偶然知ってしまった生意気な飼い猫チビと、そこにふらりと現れた飄々とした野良猫シロ。犬と猫と猫の不思議な半年間が始まりました。大人に読んで欲しい憧話です。

◆ツノナシオニ  授業参観日に現れた転校生桃山太郎くんのお父さんは、なんと2メートルを超す長身に赤ら顔。そのお父さんの帽子が突風で飛ばされることによって巻き起こった大騒動。でも、それは、私たちにいろいろな問題を考え直させるきっかけでした。

◆割れ鍋に綴じ蓋 ―ワレナベニトジブタ― 《連載中》  若き日に画家を夢見ながら挫折し、現在は平凡な人生を送る中年の私、鈴木守45歳。そんな私が、ふとした切欠で自分探しの旅を始めることになるのですが、その旅とは天才的物理学者の発明した装置による過去と未来への時空と精神を超えた旅だったのです。

◆澤田節子作品集  平成21年6月8日に黒色腫で亡くなった僕の母が書き残してくれた小説、エッセイをご紹介させてください。ドラマチックな物語ではありません。どこにでもある日常のほんのふとした心の動きを、僕には書けない女性らしい目線で描いた作品たちです。

◆こどもたちの詩  まさに僕のこころの原点。童話を書こうと思った切欠が、こどもたちとの詩との出会いでした。痛いほどに眩しい感性。こどもは未完成の大人ではないと僕は思っています。

◆熱田丸蔵の歌  アコギ1本で弾き語りしてみようと思って鋭意努力中です。オリジナルを中心に歌っていきたいなと思っています。

◆YOU TUE ばあちゃんの子育て応援チャンネル  子育て中の方、これから子育てをする方に見ていただけたら嬉しいです。新米ママとパパにほんの少しでもお役にたてればと思い50うん歳にしてYou Tubeを始めてみました。毎月1日、15日に加えて時々増刊号も発信できたらと思っています。

2020年01月19日

割れ鍋に綴じ蓋 ―ワレナベニトジブタ― 第13回 16人の私

朝、旅立ち.bmp16分割された画面の中で、16人の私が忙しそうに動き回っている。これは、モニターの時間の経過を30倍速の早送りにしているせいなのだが、私にはこれがどうにも、狭い間仕切りで分けられたたくさんの私たちが、実験装置の中をまるで実験動物よろしくちょこまかと動き回っているようで、なんとも気分が悪くなってしまうのだった。それともこの気分の悪さは、後に訪れる結論への緊張からくるものだろうか。(本文より)
割れ鍋に綴じ蓋への入口はこちらです。
posted by maruzoh at 18:31| Comment(0) | ◆割れ鍋に綴じ蓋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月22日

割れ鍋に綴じ蓋 ―ワレナベニトジブタ― 第12回 過去を知らされない自分

朝、旅立ち.bmp正直に言ってしまえば、私はこれまで父という人間が理解出来ずにいた。いや、むしろ、心のどこかで軽蔑とまでは言わないまでも、常に、一種不甲斐なさを感じていたかもしれない。静岡の片田舎で生まれ、運命に抗うことや挑むことも無く、生まれ育った土地にしがみつく様にして年を重ねていく。まるで面白くもなんとも無い、ただただ平坦な道を、常に楽に歩んできたように、私には見えていたのだ。しかし、それは私の大きな間違いだったということが、たった今、私には分かった。(本文より)
割れ鍋に綴じ蓋への入口はこちらです。
posted by maruzoh at 22:45| Comment(0) | ◆割れ鍋に綴じ蓋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月15日

割れ鍋に綴じ蓋 ―ワレナベニトジブタ― 第11回 過去と向き合う

朝、旅立ち.bmp私は大きく息を吐き出してからゆっくりと顔を上げた。いつしか立ち上がっていた博士が、私の顔を覗きこんで何かを確認したように思えた。博士は無言で軽く頷き、モニター画面を静止画像に切り替えると、私と眼を合わせないようにして静かに語り始めた。「自分が無意識の内に消し去った封印した記憶と、それを埋めるべく自分で作り出した虚構の記憶。自分でさえ忘れていた過去が、何かを切欠に突然呼び覚まされ、全く思いもかけなかった本当の過去、真実を突きつけられたら、ほとんどの方は、当然、大きな衝撃を受けます(本文より)
割れ鍋に綴じ蓋への入口はこちらです。
posted by maruzoh at 16:43| Comment(0) | ◆割れ鍋に綴じ蓋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月08日

割れ鍋に綴じ蓋 ―ワレナベニトジブタ― 第10回 遺伝子の為せる業

朝、旅立ち.bmp「親の心子知らず」とはよくぞ言ったものである。画面の中、私の心を見透かしているであろう父親を見て、親とは、子が思っているよりも遥かに経験を積んだ大きな存在、酸いも甘いも噛み分けてきた、練れた「大人」なのだということを、恥ずかしながら思い知らされた。短絡的で直情径行な子の夢や理想に反対する親の考えとは、子の思う2手も3手も先を読んでいるばかりでなく、ぺしゃんこに打ちひしがれてしまった子の逃げ道さえも、さりげないように見せて、その実周到に用意してくれていたものだったのだ。(本文より)
割れ鍋に綴じ蓋への入口はこちらです。
posted by maruzoh at 13:43| Comment(0) | ◆割れ鍋に綴じ蓋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月01日

割れ鍋に綴じ蓋 ―ワレナベニトジブタ― 第9回 私と父と

朝、旅立ち.bmp説明を終えた博士は、ふいに赤や黄色のケーブルの束をまたぐと、その裏側に回りこんで私に「どうぞ」とばかりに手招きをした。敢えて隠したというわけではないのだろうが、大きな機械の陰には、6畳ほどの小部屋のドアがあった。博士はケーブルで閉まらないドアを空けたまま更に手招きを続ける。「さあどうぞ。ここがモニタールームです」博士に案内された私は、壁掛け型の大きな液晶モニターの前に腰掛けた。(本文より)
割れ鍋に綴じ蓋への入口はこちらです。
posted by maruzoh at 17:38| Comment(0) | ◆割れ鍋に綴じ蓋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月24日

割れ鍋に綴じ蓋 ―ワレナベニトジブタ― 第8回 加害者も被害者もあなた自身

朝、旅立ち.bmp例えばです。百科辞典の中から必要ないくつかの情報を得るのに、どれだけ暇な人だって1ページ目から順番に調べる人はいません。索引や目次を使ってなるべく早く情報を得ようとします。しかし、頻繁にその情報が必要な場合だったら、どうでしょうか。毎回毎回、同じような手順で索引や目次から検索するのは、どう考えたところで時間の無駄としか言えません。必要な情報が何ページだったのかを記録しておけばいいのです。(本文より)
割れ鍋に綴じ蓋への入口はこちらです。
posted by maruzoh at 21:29| Comment(0) | ◆割れ鍋に綴じ蓋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月17日

割れ鍋に綴じ蓋 ―ワレナベニトジブタ― 第7回 記憶の抽斗

朝、旅立ち.bmp私の意識は、幾重にも重なりながら、進んでは戻り、戻っては進みを繰り返して、膨大な記憶という大河の奔流にいた。やっと見つけた真実や思いがけない嘘にぶつかっては、跳ね飛ばされ散りじりになってしまっていた過去が、大きなうねりの中でいつしかまた一つになり、その度に、忘れ去られていたはずのジグソーパズルのパーツが、また一つ、おやまた一つ、という具合に、まるで思いもよらない場所からぴょこんと顔を出すのだが、それらが必ずしも、ここだと思った場所にはまっていくわけでもない。(本文より)
割れ鍋に綴じ蓋への入口はこちらです。
posted by maruzoh at 17:12| Comment(0) | ◆割れ鍋に綴じ蓋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

   【maruzoh's profile】
   maruzoh live.jpg

名 前/maruzoh こと 熱田丸蔵
出没地/和光、富士宮、麹町 誕生日/9月7日 乙女座
好きなもの/こども、詩、絵、童話、小説、音楽、お酒、美味しいもの、犬、野球、寺、神社、花、ギター、家族
とても影響を受けた人/灰谷健次郎さん、鹿島和夫さん、ドン・カ・ジョンさん、かしわ哲さん、PANTAさん、ジョン・ライドンさん、小澤征爾さん、帚木蓬生さん
maruzohより一言/運も、人も、夢だって、欲しがり過ぎると逃げてっちゃう。幸せは、み〜んな天下のマワリモノ。みんなで仲良く分け合おう♪